「ピルロ2世」ではなく「デ・ロッシ2世」。イタリア18歳新星の特徴とは?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月25日

憧れたのはピルロではなくガットゥーゾ。

18歳ながらアッズーリ入りしたトナーリ。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 昨年11月に18歳ながらイタリア代表入りするなど台頭著しいのが、セリエBのブレッシャに所属するMFサンドロ・トナーリだ。
 
 同じブレッシャ育ちのMFで、長髪のヘアスタイルが似ている関係もあり、巷では「アンドレア・ピルロ2世」と呼ばれているが、イタリア・サッカー連盟の育成年代代表統括コーディネーターとしてその成長を見守ってきたマウリツィオ・ヴィシディ氏によれば、ピルロとはややタイプが異なるという。
 
「トナーリはピルロのように際立ったプレービジョンやゲームメークのセンスを持っているわけではない。テクニックは安定しているが、ハイプレッシャー下でのパスワークにはまだまだ改善の余地があり、ビルドアップの中核を担うレジスタ(司令塔)の役割は現時点で少々荷が重いだろう」
 
 実際、トナーリ自身にとっても、子供時代からのアイドルはピルロではなく、まったく正反対のタイプであるジェンナーロ・ガットゥーゾだったという。
 
「ガットゥーゾがアイドルだったのは、もちろんテクニカルな側面ではなく、常に全力を尽くしてチームのために戦うファイターというメンタルの側面に憧れたのだろうが、守備の局面での振る舞い、フィジカルコンタクトを怖れず果敢にボールを奪いにいく姿勢には、たしかにガットゥーゾの影響が見られる。よってトナーリのプレースタイルは、ピルロとガットゥーゾを折衷したようなダニエレ・デ・ロッシにずっと近い。2世という呼称を使うならば、『ピルロ2世』ではなく『デ・ロッシ2世』と呼ぶべきだ」
 
 このトナーリは国内外のビッグクラブが注視しており、来シーズンはセリエBからトップリーグに活躍の場を移すことが確実視されている。
 
取材:片野道郎
※好評発売中の『ワールドサッカーダイジェスト3月7日号』より一部転載。同号の特集は「2000年代生まれのニューヒーロー」で、新世代の逸材を一挙に紹介・分析している。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ