「CLではバイエルンとチェルシーが抜きん出ている」 名将カペッロが欧州サッカーの今シーズンを予想

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年09月11日

「バルサの3トップはあらゆる対戦相手にとって脅威だ」

このシャビ・アロンソ(左)を獲得するなど、積極補強でさらに陣容を充実させたバイエルン。名将カペッロもCLの優勝候補に挙げる。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア代表監督ファビオ・カペッロは、『Sky Italia』のインタビューに答えて、今シーズンの欧州サッカーについて次のような予想を語っている。
 
「移籍マーケットで大きく戦力を上積みしたのはバルセロナだ。スアレスのようなプレーヤーを前線に加えるだけで、攻撃の危険度は大幅に高くなる。ネイマール、メッシとの3トップはどんな相手にとっても脅威だろう。3人全員が守備の局面にも積極的に参加すればパーフェクトだ。スアレスはそれをするが、残る2人はそうでもない。メッシも最初は献身的に守備をしたが、今は貢献度が下がっている。とはいえ、相手にとっては危険な存在であることに変わりはない。リーガに関しては、バルセロナに引けを取らない総合力を持っているのがレアル・マドリーだ。それ以外のクラブは明らかにレベルが落ちる」
 
「チャンピオンズ・リーグでは、バイエルンとチェルシーが抜きん出ている。スペインの2強がそれに続く形だろう。イタリア勢はそれよりもレベルが落ちるが、昨シーズンのアトレティコを見てもわかるように、ハングリーさとモチベーションが違いを作り出す可能性は常にある。ミラン? ヨーロッパに戻ってほしいと思っている。インザーギはよくやっている。メンタル的な部分ではチームに多くをもたらしているが、偉大なプレーヤーがいなければ、それにも限界があることは確かだ」
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
【移籍市場超速報】ミラン リバプールの有望株スソを「予約」
【悲喜こもごもの2014夏の移籍市場】アユーのセリエAへの熱い思いは届かず…
【移籍市場超速報】1月の市場再開に向け早くも動き。19歳の逸材ラビオ獲得へ、ローマがパリSGと交渉継続
【欧州移籍市場】メルカート専門記者が明かす「最終日の舞台裏」
開幕戦から何が見えた? バイエルンのスタートを番記者が診断
開幕3試合で何が見えた? 【チェルシー】のスタートを番記者が診断

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ