【悲喜こもごもの2014夏の移籍市場】アユーのセリエAへの熱い思いは届かず…

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年09月08日

ナポリが興味を示すも、残された時間はあまりに少なかった…。

今は気持ちを切り替え(?)、新監督マルセロ・ビエルサの下でのプレーに集中しているアユー。果たして、冬に朗報は舞い込むだろうか!? (C) Getty Images

画像を見る

 マルセイユでプレーするガーナ代表FWアンドレ・アユーは、移籍期限の直前までセリエAへの移籍に希望を持ち続けたにもかかわらず、実現しないままフランスに残ることになった。
 
 7月の終わりに、ミランの補強ポイントだった「左利きの右ウイング」のリストに名前が挙がった時から、アユーは他のクラブからのオファーを断って、ミラン移籍の実現を待ち続けた。マルセイユも、600万ユーロから700万ユーロという市場価格並みの移籍金が提示されれば、移籍を容認する準備があった。
 
 しかしミランはまず、マリオ・バロテッリの放出とフェルナンド・トーレスの獲得に集中、やっとウイングの補強に動いた最後の数日間も、ジョナタン・ビアビアニー、そしてジャコモ・ボナベントゥーラにターゲットを絞ったため、アユーに声がかかることはなかった。
 
 メルカートの終盤には、ナポリがガラタサライに放出したマケドニア代表FWゴラン・パンデフの後釜として、アユー獲得に興味を示した。しかし、その時点でメルカートの締切まで残り3日。しかも週末を挟んでいたため、移籍交渉を立ち上げて成立まで持っていくには、あまりに時間が足りなかった。
 
 かくして、心ならずもマルセイユに残留することとなったアユー。来年1月には、再びメルカートの主役となる可能性もあるが……。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
【移籍市場超速報】1月の市場再開に向け早くも動き。19歳の逸材ラビオ獲得へ、ローマがパリSGと交渉継続
【欧州移籍市場】メルカート専門記者が明かす「最終日の舞台裏」
【移籍市場超速報】宿敵を出し抜いたミランがボナベントゥーラを獲得、サビオラがヴェローナへ
「駆け込み移籍」のメカニズム――締め切り間際のビックディールはこうして起こる
ミラン 2年間のレンタルでF・トーレスを獲得。チェルシーはその後釜にレミを獲得
ミランが中盤を強化 チェルシーからファン・ヒンケルを獲得
重要な開幕戦での先制ゴール!! 本田がミランの白星スタートに大貢献
興味深かった「本田/メネーズ/エル・シャーラウィ」の前線――TIMカップ・レビュー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ