グループリーグでの採点トップは!? 森保ジャパンで最も貢献したのはオマーン戦でPKを決めた…|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月20日

チームは3試合で6ゴール・3失点の成績

3連勝でグループリーグを突破した日本。この勢いを持続できるか?写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 UAEで開催されているアジアカップで、日本代表はグループリーグを3連勝で突破。「結果だけ見れば勝点9を奪えていますが、全部楽な試合ではなかった」と吉田麻也が振り返ったように、各試合で苦戦を強いられたが、しっかり勝点を稼ぎ、グループ1位で決勝トーナメント進出を果たした。
 
 3試合の成績は6ゴール・3失点。初戦のトルクメニスタン戦は大迫勇也の2ゴールなどで3-2と逆転勝ちし、続くオマーン戦は原口元気のPK弾で1-0で勝利。最終戦のウズベキスタン戦は、オマーン戦からスタメンを10人入れ替えながら、武藤嘉紀と塩谷司のゴールで逆転勝ちを収めた。
 
 では、このグループリーグ3試合で最もチームに貢献したのは誰だったのか。採点でトップに立ったのは、前述したようにトルクメニスタン戦で2ゴールを奪い、「7」を獲得した大迫だ。ただし、その試合後に右臀部を再び痛めたこのストライカーが出場したのはその1戦のみ。より評価されるべきなのは、3試合に出場(2試合に先発)し、トルクメニスタン戦では2ゴールに絡み、オマーン戦では決勝弾となるPKを決めた平均採点2位の原口元気だろう。
 
 攻守に貢献できるアタッカーは、森保ジャパンでは左サイドを主戦場に高いパフォーマンスを披露。南野拓実や堂安律らとの連係も徐々に高まっており、決勝トーナメントでの活躍も期待される。
 
 また2試合以上に出場した選手で次に平均採点が高かったのは左SBの長友佑都だ。トルクメニスタン戦では、大迫のゴールをアシストするなど積極的な攻撃参加を見せ、守備面ではベテランらしい落ち着いた対応を披露した。
 
 ちなみに3試合すべてに出場したのは原口と冨安、北川の3人だけだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ