「サウジ戦もかならず勝つ!」英誌・熟練記者が“森保ジャパンの進化”に太鼓判|アジア杯

カテゴリ:日本代表

マイケル・プラストウ

2019年01月19日

いくつかの疑念を抱いてのUAE入りだった

苦しみながらも3連勝でグループリーグを1位突破。森保ジャパンはその総合力をグッと高め、ノックアウトラウンドに臨む。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ヒヤヒヤさせられながらも、森保ジャパンは見事にグループリーグで3連勝を飾ってベスト16へと進んだ。

 3試合とも1点差での勝利であり、負けてもおかしくない試合展開。とくに最初のトルクメニスタン戦とオマーン戦は、正直物足りない内容だった。それでも勝ち切った点は評価すべきなのだろうが、第3戦のウズベキスタン戦で見せたパフォーマンスのほうが明らかに上だったため、考えさせられる面が多々ある。相手はグループ最大のライバルだったし、日本はプレー精度がきわめて高く、素早く能動的なフットボールを披露した。

 いずれにせよ、チーム全体で掴んだ3連勝だ。スカッドが大いに成長を遂げ、上昇ムードに乗って決勝トーナメントに臨めるのは理想に近い形だろう。ポジションごとの競争も熾烈になっているし、信頼や自信が確固たるものになっていけば、さらにチームはスケールアップしていくはずだ。ノックアウトラウンドが実に楽しみである。

 
 あのロシア・ワールドカップからまだ半年しか経っていない。森保一監督による新政権はたしかにウルグアイやベネズエラといった強豪とのゲームを含め、4勝1分けとこの上ないスタートを切った。とはいえ、しょせんはフレンドリーマッチ。チームとしての完成度はお世辞にも高いとは言えなかったし、今大会もいくつかの疑念を抱いてのUAE入りだっただろう。おまけに中島翔哉、浅野拓磨、守田英正が怪我によって離脱し、3人もメンバーを入れ替える羽目となった。プランの再調整を迫られたのだ。

 それでも、森保監督は的確なマネジメントでチームを勝利に導いた。グループとしての成長に価値を見出して最優先し、その足場固めを徹底した印象を受けるし、グループリーグ3試合を上手く活用したと思う。生みの苦しみを味わいながら2連勝を遂げ、先発10人をチェンジする大胆策でウズベキスタンを撃破して一体感を高めた。一発勝負の決勝トーナメントに突入する前に、なにより手に入れたかった“収穫”ではないだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ