【セルジオ越後】”2軍同士”のゲーム内容。良かったのは「主力の休養」くらいだ

カテゴリ:Jリーグ

連載・コラム

2019年01月18日

相手も主力メンバーでなかったことを忘れてはいけない

コンディションが整っていないのか、乾の動きにはキレがなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本がアジアカップのグループリーグ第3戦でウズベキスタンに2-1で勝利し、3連勝を飾った。ただ、お互いに決勝トーナメント進出を決めてメンバーを落とした試合は、あくまで「2軍同士」のゲームだったという印象だね。
 
 日本は40分に先制されたけど、槙野と三浦が14番のショムドロフひとりに簡単にやられたのは、今後へ向けて不安材料だ。34分の反転シュートや81分の決定機をモノに出来なかった北川も、日本代表ではまだ力を発揮できていよね。
 
 一番心配なのは乾だ。試合から遠ざかってコンディションが良くないのか、81分に途中交代した。90分は持たなかったんだ。2ゴールを決めたロシア・ワールドカップのキレはなかったよ。

 結果として逆転できたのは、青山と塩谷のベテランボランチコンビのおかげじゃないかな。この先発11人で公式戦に臨んだのは初めてだろうけど、中盤で上手くゲームをコントロールしていた。室屋のクロスから武藤のヘディングで同点にした後、58分に塩谷は強烈なミドルシュートで逆転ゴールも決めたね。
 
 スピードを活かしたドリブルで右サイドからチャンスに絡んだ伊東も悪くなかったけど、相手も主力メンバーではなかったことを忘れてはいけない。本来であれば、彼がマッチアップする左サイドバックには13番のゾテエフが出ていたはずだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ