【トルクメニスタン戦の予想スタメン】CFで北川の抜擢も!?負傷離脱の中島の代役は原口か|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月09日

森保監督はコンディションを重視すると説明

トルクメニスタン戦の予想布陣。CFは大迫の状態次第で北川の抜擢がありそうだ。

画像を見る

 日本時間の1月9日の20時、日本代表はいよいよアジアカップの初戦トルクメニスタン戦を迎える。4年前のオーストラリア大会ではベスト8でPK戦の末にUAEに敗れた日本にとっては覇権奪回が目標となるが、今大会に臨むにあたっては多くのトラブルに見舞われた。
 
 まず、メンバー発表後に浅野拓磨が怪我で辞退し、武藤嘉紀を追加招集。また12月末の国内合宿から参加していた大迫勇也は右臀部痛で別メニュー調整が続き、発熱の遠藤航は予定通りにチームに合流できず。さらに1月5日には中島翔哉が右下腿、守田英正が右太腿裏を痛めてチームから離脱し、代役として乾貴士、塩谷司を追加招集するアクシデントが起き、23人全員がUAEのアブダビに揃ったのは試合3日前の1月6日だった。
 
 そのなかでチームは練習試合として12月30日に国内で流通経済大、1月5日にアブダビで地元チームのアル・ワフダと対戦。アル・ワフダとのゲームは非公開で行なわれたため出場メンバーは不明だが、守田が抜けて選手層が薄くなったボランチでは、CBで起用してきた冨安健洋を試したとの情報もある。
 
 そのためトルクメニスタン戦の先発を予想するうえで、大きな影響を及ぼすのは怪我を抱えていたメンバーや追加招集選手の状態となる。現に森保監督も前日会見で「選手を選ぶ判断材料としてコンディションのところはまず重要だと思っています」と説明した。
 
 
 まずGKは1月5日の練習試合で先発したとの噂がある権田を予想した。ただし、森保ジャパンの一番手と目される東口も実力に差はなく、経験値を優先すると、プレッシャーのかかる初戦で東口をチョイスする可能性も低くないだろう。
 
 最終ラインは昨年のロシア・ワールドカップでもレギュラーを務めた長友、吉田、酒井の先発は固いはず。流動的なのがCB吉田の相棒で、これまでは冨安が最右翼だったが、彼をボランチでも計算に入れるとすると、体力を温存させる意味で槙野を先発させるかもしれない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ