【選手権】勝負師・黒田剛の采配ずばり! 青森山田はいかにして矢板中央の堅牢を打破したのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年01月05日

「最後の1秒だとか10センチとかで明暗が分かれるぞ!」

「セカンドを狙っていた」と語るCB二階堂(左)が2ゴール! 青森山田が壮絶戦を逆転で制した。写真:滝川敏之

画像を見る

[高校選手権・準々決勝]青森山田 2-1 矢板中央/1月5日/等々力

 対戦相手は、今大会最強の“逃げ切り馬”だった。

 そんな矢板中央に与えてはいけない先制点を与えてしまう。前半14分という早めの時間帯で、しかも警戒していたはずのリスタートの流れから頭でねじ込まれた。青森山田の黒田剛監督は「先に取られて本当に厳しくなった」と振り返る。

 2試合連続完封で鉄壁を誇っていた守備網が、あっさりとゴールを割られたのだ。誰もがボールウォッチャーになっていたと、指揮官は述懐する。

「僅差になるのは想定内だった。リスタートを含めて1点ゲームになると。どちらが我慢強く守り、相手のミスも誘いながらいかに先行していくか。まずは0-0というゲームプランで選手を送り出しました。でも……。動きに精彩を欠いてしまって、特に中盤が硬かった。セカンドボールに対しての詰めが甘く、折り返されたところで選手たちがボールウォッチャーになって、最悪の形で失点をしてしまった」

 なかなか反撃もままならない。矢板中央の長身CF望月謙に釣られて、守備陣がずるずるとラインを下げてしまい、コンパクトさを保てず、らしくないミスパスも散見した。なんとか両翼の檀崎竜孔とバスケス・バイロンが局面打開を図るも、SBにひとり加えた矢板中央のダブルチェックに苦しむばかり。着実に“ウノゼロ勝利”への道筋を描かれていた。

 そんななか、前半終了間際だった。青森山田は大会前から精度を研磨していたロングスローから同点とするのだ。今大会で抜擢登用されているMF澤田貴史が右サイドから鋭く投げ込むと、こぼれた球をMF武田英寿が胸トラップからシュート。これを待ち構えたDF二階堂正哉がバックヘッド気味に決めた。黒田監督は「前半のうちに取れたのもそうだし、勝負のなかですごく大きな1点になった。相手にとってもかなりのダメージになったと思う」と称える。

 ハーフタイム、高校サッカー界きっての名将はロッカールームでこんな指示を飛ばしたという。

「なによりも活動量を増やそうと。そして、望月の背後のスペースを気にしてディフェンスラインが低くなりすぎていたので、思い切って上げていこうと話しました。ロングスローやリスタートがあるから、サイドに散らして突破させることも意識させて、最後の1秒だとか10センチとかで明暗が分かれるぞと。ここで負けるわけにはいかない、プレミアリーグ勢の責任を果たそうと言って、選手たちを送り出しました」

 後半、東北の精鋭軍団はものの見事にそのタスクを完遂するのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ