【選手権】「絶対にお前が止めろ!」三國ケネディエブスに課された“唯一無二のミッション”

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年01月04日

驚異的な最終ラインのパーフェクション

青森山田の堅牢を支えるCB三國(奥)。大津戦では相手CF大崎(手前)と丁々発止の見応えるマッチアップを繰り広げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権・3回戦]青森山田 3-0 大津/1月3日/等々力

 ひとつのマッチアップが、試合の行方を大きく左右する。選手権3回戦の青森山田vs大津戦で言えば、三國ケネディエブスと大崎舜による超高校級バトルがそれだった。

 自慢の堅守をベースに強化を推し進めてきた今季の青森山田。来春のアビスパ福岡入団が内定しているCB三國は、時に相手エースを封じ込むハードマーカーをこなし、時に攻撃の起点となる高質なパスを供給、リスタートでは攻守両面で圧倒的な高さを誇示した。青森山田の最終ラインを支える、文字通りの絶対軸である。

 かたや九州の雄・大津のCF大崎は、屈強なポストワークと豪快なフィニッシュが売りの本格派ストライカー。この両雄のワン・オン・ワンは、大会屈指の好カードにおけるまさにハイライトだったのだ。

 結果は、三國に軍配が上がった。192センチのU-19日本代表DFは試合後にこう明かした。

「自分が大崎をどれだけ抑えられるか、潰せるかで試合の流れが大きく変わってくる。(黒田剛)監督には『絶対にお前が止めろ!』と言われていました。気合を入れて臨みましたし、マンマークではないけど基本的にはすべて僕が見て、競り合いのところではやられなかった。けっこう抑えられたと思う。それが結果的に後ろはゼロ、前は3点を取ることに繋がった。勝利に貢献できて嬉しいですね」

 名将、黒田監督もしてやったりだ。三國のパフォーマンスをこう称えた。

「闘争心をむき出しにして戦ってくれた。相手にはベルマーレ入りが決まっている福島(隼斗)くんがいて、彼は1回戦で西川(潤/桐光学園)くんを抑えた。プロに行く者はそれなりの責任が伴うということを考えれば、ケネディも大崎くんを抑えて当然だと。熱いなかにも利口に対応してくれたし、彼の足の速さも活きていた」

 さらに指揮官は、「今年のウチは、点を取られなければ取れるというイメージがある」と話す。三國も同じ考えで、「自分たちはゼロで行くコンセプト。絶対に失点しないのがまず第一にあって、無失点で行けたら上出来。3点取っても2失点したら次の試合に影響が出てしまいますから。この最初の2試合をゼロで行けたのは良かったし、イメージ通りです」と言い切った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ