【選手権】「今日はアイツに救われた」伏兵CBが鮮烈2発で青森山田を逆転勝利に導く!

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年01月05日

「変な小細工はしないでずっとそこにいろ!」

矢板中央の堅牢を2度に渡ってこじ開けたのは、青森山田のCB二階堂。本職の守備でも奮迅の働きを見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権・準々決勝]青森山田 2-1 矢板中央/1月5日/等々力
 
 実力伯仲の好勝負は、青森山田に軍配が上がった。80分間で飛び交った3ゴールはいずれもセットプレー絡みで、両雄がそのクオリティーに磨きをかけてきた武器。きわめてハイレベルな攻防が繰り広げられた。

 そんななか、青森山田の全得点を叩き出したのが3年生CBの二階堂正哉だ。守備中央でコンビを組み、圧倒的な身体能力を誇る三國ケネディエブスの陰にどうしても隠れがちだが、彼もまた、鋭い読みと的確なカバーリングで最終ラインを引き締める要人だ。

 とはいえ、スコアラーの印象は乏しい。選手本人も「公式戦で2ゴールはさすがに初めてです」と話すほどだが、この試合では、「今日は来るんじゃないかという予感があった」という。まずは0-1で迎えた前半終了間際だ。右サイドでMF澤田貴史が送ったロングスローが中央にこぼれ、胸で受けたMF武田英寿が右足でシュート。待ち構えた二階堂がバックヘッドでコースを変えてねじ込んだ。そして後半26分には、またしても澤田のロングスローの流れから決めた。ニアでFW佐々木銀士がすらした球に迷いなく飛び込み、左足で逆転弾を蹴り込んだのである。

 まさにしてやったりの2ゴール。青森山田の黒田剛監督が舞台裏を明かす。

「この大会に向けてロングスローの練習と実戦を繰り返すなかで、フォアのポスト際のボールが抜けるシーンがけっこう多かった。だから二階堂には、『じっと(ファーに)いればいつか必ず来る。変な小細工はしないでずっとそこにいろ』と話していたんです。みんな必死に競るんで、お互いの頭に当たらないことがある。言うなれば盲点で、実は抜けやすい。チームとしてこだわっていた、セカンドへの反応のところで点が取れたのは、非常に大きかったですね」

 試合開始まもなく、二階堂のスイッチが入った。

「同じロングスローの場面があって、こぼれてきたんですよね。見たら(矢板中央は)キーパーの背後にも選手がいる。これなら思い切り飛び込んでもオフサイドにはならないし、触ってコースを変えるだけでも入るかなと思いました。1点目はもう当てるだけ。2点目はこぼれてくると信じて走りました。狙い通り詰められて良かったです」
【関連記事】
【選手権】青森山田の怪物1年生が示した“末恐ろしい大器の片鱗”
【選手権】青森山田、6発大勝の立役者バスケス・バイロンが目指す「いわき経由海外行き」と「チリ代表」
【高校サッカー勢力図】2018選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?
【選手権】「絶対にお前が止めろ!」三國ケネディエブスに課された“唯一無二のミッション”
【選手権】黒田剛vs平岡和徳──熱きサッカー観で結ばれたふたりの名将

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ