【都並敏史のリーガ見聞録|第4回】注目しているのはレバンテ。パコ・ロペス監督のやり方は本当に勉強になるんです!

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月26日

アトレティコはCLを視野に入れた戦い方に。

都並敏史氏が今シーズンのリーガ前半戦を振り返る。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

ロドリ(左)をビジャレアルから獲得したアトレティコの狙いは、欧州で勝てるチームをめざすため。シメオネ監督の新たな試みは、徐々に機能しはじめている。(C)Getty Images

画像を見る

 ラ・リーガの現状を、リーガ解説のスペシャリストに訊くインタビューシリーズ『リーガ見聞録』。その第4回には、元サッカー日本代表の都並敏史氏が登場! 今シーズン、上位が混戦となっているリーガの前半戦を振り返ってもらった。
 
―――◆◇――◇◆―――
 
――ここまでの戦いを振り返って、今シーズンのリーガにはどんな印象がありますか?
 
 非常に混戦ですよね。およそ半分の9チームで新監督を迎えるなか、昨シーズンに下位のチームをしっかりと勝たせてきた実績のある指揮官が中位のチームを率いて、しかもそのだれもが戦術的に自分の色を持っている。彼らがどのくらいやってくれるのか楽しみにしていたので、ここまでは期待どおりって感じです。すごく見応えのあるシーズンになっていますよね。


――これほどの混戦は、リーガとしては珍しいですよね?
 
 そうですね、マドリーがあのような感じでバタバタしてしまったのもあるし、バルセロナも何度か取りこぼしがありました。メッシが骨折したりといったアクシデントもありましたしね。まあ、このあと徐々に安定感が生まれてくるのかなとは思っていますが。
 
 アトレティコにしても、今年はスタイルを少し変えて、いままでのシメオネの堅守速攻から、中盤にロドリを入れて程良くポゼッションを取り入れたスタイルに変わっています。おそらくあれは、チャンピオンズ・リーグを視野に入れた戦い方だと思うんですよ。
 
 それがシーズンの最初のほうでは上手くいかず、中心選手のグリエーズマンだとか、ジエゴ・コスタがまだフィットしきれていなかったこともあって出遅れていましたが、段々良くなってきました。ジエゴ・コスタは怪我をしてしまいましたけど、カリニッチが良い感じでハマればおもしろくなりそうな予感はあります。注目のチームではありますね。


――ほかに注目しているチームはどこですか?
 
 昨シーズンのリーガで、唯一バルセロナに勝ったレバンテですね。パコ・ロペス監督のやり方は非常に勉強になるし、自分もまた監督をやり始めるので、いろいろ学ばせてもらっている監督のひとりです。
 
 それほどいい選手をたくさん抱えているわけではないので、基本的にはしっかり守ってカウンターといったやり方なんですけど、ホセ・ルイス・モラレスというめちゃくちゃ速くて上手い選手がいるので、彼をどう活かすかという感じのサッカーですね。
 
 あまり前に出てこない相手にはポゼッションもできますし、サイドからドリブルでカットインしていくようなスタイルもしっかり持っています。とにかく、チームが戦術的な迷いがなくやっているのは間違いないですね。レバンテがいま7位、8位あたりにいるっていうのは凄いことだと思いますよ。15位でフィニッシュした昨シーズンを考えたら、普通あり得ないですから。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ