【宮澤ミシェルのリーガ見聞録|第2回】良くなってきているのはセビージャ。“2強”と言えども盤石じゃない

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月06日

0-0でもあれだけ見ごたえがあると最高だね。

宮澤ミシェル氏がリーガの現状を解説する。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

7節のマドリード・ダービーは、スコアレスドローとは思えないほどの白熱ぶりだった。(C)Getty Images

画像を見る

 ラ・リーガの現状を、リーガ解説のスペシャリストに訊くインタビューシリーズ『リーガ見聞録』。初回に続き、宮澤ミシェル氏が登場。第7節を終えた時点での気になるチームや選手について語ってもらった。
 
―――――――
 
■9月の戦いを振り返って
 
 なんといっても、マドリード・ダービーだよ。ホントに凄いなって思うね。不調だなんだって伝えられていても、相手のパフォーマンスが上がれば、平気で自分たちも上げてくるんだから。それをサポーターがガチンコで煽ることによって、モチベーションも自然に高まる。
 
 もともとすごいものを持っている選手たちだから、いろいろと好条件が重なると、次々に出てくるよね、びっくりするようなハイレベルのプレーが。クラシコ(バルセロナ対レアル・マドリー)もそう。それまで勝てないとか、点が取れないとかって言われていても、グーッと気持ちが入ったときにバーンって出てくるんだよね。彼らの持っている本当の凄さが。毎度のことながら圧倒されるよ。
 
 今回のマドリード・ダービーは、前半は完全にアトレティコ(のペース)。マドリーのプレスがまったくハマらなかったよね。ところが、後半になったらガラッと変わって、怪我のベイルに代わって出場したダニ・セバジョスが中盤でタメをつくりはじめた。
 
 ベイルは縦、縦、縦って感じでスピード任せになるから、それも絶対に必要なんだけど、周囲にうまく使ってもらえないと一本調子になっちゃう。その意味では、周りの選手を使ったり使われたり、その両方がハイレベルにできるイスコは、やっぱり重要なのかもね。とくに前半は感じたよ、ここにイスコがいれば、いいアクセントになってなにか変わるんじゃないかなって。
 
 
■大きかったマルセロの不在
 
 マドリーは、マルセロの欠場も痛かった。ナチョはなんでもできるけど、マルセロは左サイドで攻撃を作れちゃうじゃない? クロースやアセンシオらと一緒に。そこがナチョとのいちばんの違いだろうね。
 
 でもまあ、0-0でもあれだけ見ごたえがあるんだから最高だよ。速いな~とか、ここでテンポアップするのかとか、単純に身体の入れ方が上手いなとか。
 
 プロとしてやらせてもらっていた僕が見ても、「ああ、その読み!」とか思わず声を出しちゃうときあるからね。ゴディンの守備なんか、あれ、なかなかできないよ。失敗したら完璧に裏行かれるけど、すっとインターセプトのコースに足を出して、ワーっていっちゃうみたいな。

「それリスクのほうが大きくないか」っていつも思うんだけど、ちゃんといい仕事するんだよね。ファウルに見えない、ギリギリのやり方で。あれにはさすがに、トップレベルで凄いことやってるなって思うよね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ