【野口幸司のリーガ見聞録|クラシコ編】マドリーよりバルサのほうが問題はより深刻かもしれない

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月25日

ロペテギにとってクラシコは評価を勝ち取るビッグチャンス。

野口幸司氏がバルサとR・マドリーの現状を解説する。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

野口氏が今後のポイントとなる選手として名前をあげたのがベイル(右)。ここまではややパフォーマンスにバラつきがあるが、クラシコを含む今後の戦いで結果を残せるか。(C)Getty Images

画像を見る

 ラ・リーガの現状を、リーガ解説のスペシャリストに訊くインタビューシリーズ『リーガ見聞録』。“クラシコ編”としてお届けする今回は、野口幸司氏が登場。現地10月28日に開催される大一番を前に、バルセロナとレアル・マドリーの今シーズンを振り返ってもらった。
 
―――――――
 
■R・マドリーについて

 選手のコンディションのバラつきとか、チーム戦術の不徹底とかっていうのがどうしても避けられないのが、ワールドカップ直後のシーズン。ただバルサもマドリーも、いざ蓋を開けてみたら意外と順調なスタートを切ったよね。

 マドリーはとくに、クリスチアーノ・ロナウドがいなくなったうえ、モドリッチの合流が遅れたりと不安材料もあったんだけど、意外と気にならない感じでスタートしていた。だから、いつものワールドカップ後の印象とは違うというか、「このままいっちゃうのかな」って感じてもいたんだ。
 
 ベンゼマも最初は、「ロナウドがいなくなってイキイキしはじめた」みたいな言われ方をしていたように、なんの問題もないな、というくらい安心できるプレーぶりだったし、チームもボールポゼッションをしながら、しっかり崩すこともできていた。監督交代の不安もまったくなく感じさせなかったのは、逆に意外だったかな。
 
 ジダンのときも、やっているサッカーはポゼッションで、クロースとモドリッチがワイドに開いてサイドバックを高く、ということはやっていたけど、そのあたりも何の違和感もなくて、ただボールポゼッションがさらに増えたな、という感じだった。
 
 
■4節以降の躓きの要因について
 
 一番は日程的に過密になって、チャンピオンズ・リーグも始まってっていうなかで、ターンオーバーがうまくできていないこと。11人でスタートして、このメンバーで1年間戦いますよだったら、そんなに問題はなかったと思うけど、ケガ人が出たり、あとはローテーションでターンオーバーしてっていう状況で、セカンドチームとうまく融合するのが難しかったみたいだね。これはバルサも一緒だと思うんだけど。
 
 ベイルなんかもいいスタートを切って、シーズンこのまま怪我なく終えられたらというところで、最近ちょっとまた筋肉系の故障が出てきた。マルセロも離脱しちゃったしね。
 
 ただ残念ながら、マドリーの場合、「じゃあ仕方ないね」で済むチームじゃない。ああいうビッグクラブを指揮する監督というのは、1試合でも負ければすぐに解任論が始まるしね。まあ、とくにロペテギの場合は、かなり難しい状況で監督を引き受けたわけだから、そのあたりは十分覚悟の上だと思うけどね。
 
 
■新戦力は機能しているか
 
 オドリオソラはソシエダ時代からすごくいいなと思っていた。ただ、まだマルセロみたいにギアを変えられないというか、つねにトップスピードで攻撃に参加していて、どうしてもリズムが一定になってしまうところがある。
 
 まあ、それを90分間、1シーズン続けられればってところだけど、いまはビッグクラブに入ったばかりで、まだ若いし、あまりゴチャゴチャ考えなくていいんじゃないかな。要領よくプレーするポイントみたいなものは、これからいくらでも覚えていくはずだから。
 
 なんせいまは試合に出ないと、そういう経験もできないわけだし、オドリオソラの場合、同じポジションにはカルバハルがいて、常に出られるというわけでもない。そういう意味では、ビッグクラブへ若くして旅立って、そのまま順調に伸びるっていうのは、すごく難しいことなのかもしれないね。それこそ、イジャラメンディ(現ソシエダ)やカナレス(現ベティス)も、若くして入団したマドリーではかなり苦労していたし。
 
 
■ジダンがいなくなったことの影響
 
 それほど極端ではないけど、影響はあるにはあるよね。マドリーというクラブは、ベニテスが監督をやったときもそうだったけど、どうしても選手やメディアからなめられるというか、「この監督凄いな」って思わせるまでが大変なんだ。いまは正直、ロペテギはまだスター軍団をうまくまとめきれているとは言い難い。ただ、いまのような低迷期っていうのは、逆に言えば監督の力量が試される絶好の機会なんだ。それをどう乗り切るか。
 
 カンプ・ノウで行なわれる今月末のクラシコでいい感じで勝てれば、間違いなく信頼も得られるし、負けたら真逆の反応がある。ロペテギにとっては、ある意味進退がかかった大一番と言ってもいいくらい、プレッシャーのかかったゲームになるだろうね。
 

■今後ポイントになりそうな選手
 
 ロナウドの穴を埋めるという意味でも、ベイルには期待している。ただコンディションが万全ではないようだから、そうなると攻撃陣ではベンゼマってことになるのかな。マリアーノはいい素材だと思うけど、試合に出られる時間も短いし、回数も少ない。テクニカルで、スピードがあって、パワフルだし、ポテンシャルはすごいんだけど、どうしても慣れるのに時間かかる。飛躍を遂げるには、大きな試合で1-1とか0-0とかの場面で出てきて、決勝点をあげたりするのが一番効果的だろうね。ガラリと周囲の反応が変わるはずだから。
 
 
■ディフェンスは・・・
 
 さっきも言ったとおり、マルセロの不在が大きいって気がするかな。中央はセルヒオ・ラモスとヴァランヌがいて安定感があるけど、右はカルバハルが故障がちだし、やっぱり最終ラインが安定しないと、チームの安定は難しい。バルサもピケがコンディションが悪いとか言われているけど、後ろってすごい大事なんですよね。新守護神のクルトワには、新加入だからっていう不安は微塵も感じられなかったですけどね。
【関連記事】
【都並敏史のリーガ見聞録|第4回】注目しているのはレバンテ。パコ・ロペス監督のやり方は本当に勉強になるんです!
【北澤豪のリーガ見聞録|第3回】例年にない面白さ! 2強以外の「戦略的な戦い」によって上位が混戦に
【宮澤ミシェルのリーガ見聞録|第2回】良くなってきているのはセビージャ。“2強”と言えども盤石じゃない
【宮澤ミシェルのリーガ見聞録|第1回】バルサにビダルがハマらないのは想定内。乾にはもっと「オレ発信」のプレーを期待したい!
イニエスタ、“初めての体験”を前に大興奮!「素晴らしいクラシコになることを期待します!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ