【北澤豪のリーガ見聞録|第3回】例年にない面白さ! 2強以外の「戦略的な戦い」によって上位が混戦に

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月27日

「分析力」が圧倒的なチーム力の差を埋める。

北澤豪氏が混戦となっている今シーズンのリーガの現状を解説する。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

北澤氏も注目するバルサのアルトゥール。(C)Getty Images

画像を見る

 ラ・リーガの現状を、リーガ解説のスペシャリストに訊くインタビューシリーズ『リーガ見聞録』。その第3回には、元サッカー日本代表の北澤豪氏が登場! 今シーズン、上位が混戦となっているリーガのここまでを振り返ってもらった。

―――◆◇――◇◆―――

――まずは、12節を消化したラ・リーガの戦いを振り返っていただけますか?

 近年まれに見る大混戦だよね。(バルセロナとレアル・マドリーの)2強中心と言われてきたリーグだから、展開としてはかなり新鮮。これが“ポジティブな変化”かどうかはシーズン通して見てみないと分からないけど、例年にない面白さがあるよね。もっとも、マドリーのファンからすると、ちょっと足踏み状態が続いていて複雑な気持ちかもしれないけど。

 ただ、この状況が続けば、バルサだってずっと首位でいるのは難しい。メッシは回復したけど、主力数人が故障していて、守備の不安定さも指摘されているし、イニエスタがいなくなったりと、そういう時代の変化が起きている中でどうやって対応していくのか。そこがポイントになるんじゃないかな。


――その2強を追い上げる側で気になるチームはありますか?

 どのクラブも全体的に、すごく戦い方が戦略的になってきているよね。その意味では、監督の重要度というのが、以前にも増して高まってきていると言えるかもしれない。いわゆる中堅以下のチームが強豪と対戦するときって、これまではせいぜい守備を固めてカウンターくらいの感じだったけど、もっとディテールにこだわった戦いが見られるようになってきている。分析が進んで、いろんな場面を想定した対策がなされているから、力の差はあっても、2強が意外な負け方をしたり、上位が混戦になったりという状況が生まれているんだろうね。


――ここまでの戦いを振り返って、もっとも気になるチームは?

 やっぱりバルサってことになるのかな。クラシコをメッシが欠場することになって、意外と“ナンバー2”となるべき存在が見えてこない今のバルサで、だれがチームを牽引するんだろうって心配してたんだけど、そういう状況になれば、ちゃんとスアレスが出てきて、あっさりハットトリックを決めてしまうんだよね。

 このナンバー2に関しては、コウチーニョだっていう人もいるだろうし、ラキティッチだ、ブスケッツだ、っていろんな意見があると思うけど、普段はメッシという巨星の陰に隠れている彼らが、ああいう試合ではちゃんと主役を張ってくれる。改めて、すごい選手が揃っているチームだなぁって感じさせてくれたよね。

 グレミオから移籍してきたアルトゥールなんかも、中盤で細かくパスをさばいている時はまるでシャビだし、左サイドでコウチーニョやジョルディ・アルバとトライアングルを形成している時は、本当にそこにイニエスタがいるかのようだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ