• トップ
  • ニュース一覧
  • 【キルギス戦の予想スタメン】ベネズエラ戦から総入れ替えか!?注目は初選出の左SB山中と意気揚々なボランチコンビ

【キルギス戦の予想スタメン】ベネズエラ戦から総入れ替えか!?注目は初選出の左SB山中と意気揚々なボランチコンビ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年11月20日

CBは槙野と三浦のコンビか

キルギス戦の予想スタメン。ボランチは三竿と守田のコンビか。

画像を見る

 11月16日のベネズエラ戦を1-1で引き分けた日本代表は、20日に愛知・豊田スタジアムでキルギスと対戦する。キルギスはワールドカップの出場経験はなく、来年1月のアジアカップに初出場する新興国だ。FIFAランキングも90位と、50位の日本が大きく上回る。
 
 ただ日本にとってはアジアカップで同組となったトルクメニスタン、ウズベキスタンと特長の似た相手であり、森保監督も「アジアでの戦いを想定できる。アジアカップに向けて良いシミュレーションになるかと思います」と意気込む。
 
 気になるスタメンは「ベネズエラ戦からは大幅にメンバーを変えて臨みたいです。より多くの選手にプレーしてもらいたいです」との森保監督の言葉を信じるなら、総入れ替えの可能性がある。
 
 まずGKはベネズエラ戦で代表デビューを飾ったシュミット・ダニエルを除く、権田修一と東口順昭の争いになるだろう。ただテストの意味を兼ねるならば、レギュラー格の東口ではなく、10月のパナマ戦で森保ジャパンデビューを果たした権田を選びそうだ。
 
 当の権田は全体練習が終わった後に個別のメニューを消化するなど気合いは十分。所属の鳥栖でも好調ぶりを示しており、ゴールマウスを任せても心配はないだろう。
 
 CBはベネズエラ戦で先発した冨安健洋が、そのゲームで右膝を痛めた模様で別メニュー調整を続ける。そのためキルギス戦で無理に起用することはなさそうで、キャプテンの吉田麻也も休養を取るか。すると槙野智章、三浦弦太のコンビが先発を任されそうだ。
 
 SBはベネズエラ戦でチャンスが巡ってこなかった山中亮輔、室屋成を起用する可能性が高い。注目はA代表初選出の左SB山中で「パフォーマンスに波はある選手だと思いますが、スペシャルなものを持っていると感じますし、左利きという特長を活かしてのプレー、クロスや攻撃に絡むところが、今回の代表招集につながりました」と指揮官も期待を寄せる。
 
 また左SBは長友佑都が、10月24日のチャンピオンズ・リーグのシャルケ戦で相手のクロスをみぞおちに受けて肺気胸と診断され、アジアカップの出場も厳しい状況。それだけに、ベネズエラ戦で先発した佐々木翔、前述の山中以外にも候補者がほしい。もしかしたら酒井宏樹や槙野をテストする場合もあるかもしれない。
 
【日本代表PHOTO】初冬の寒さのなか対キルギスに向けて練習!!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】中島、堂安の突破力頼みでタメがない!二人に「行ってこーい」の攻撃ばかりじゃ通用しなくなる
【ベネズエラ戦|戦評】4連勝を逃した理由は決定力不足。大事なのは次のキルギス戦で勝ち切ることだ
J王者のボランチから日本代表のボランチへ――。成長著しい守田英正が示す覚悟
吉田麻也が語ったハリルジャパンとの違い。森保ジャパンのテーマは“柔軟性”と“人とボールが動く”
日本代表に舞い戻った杉本健勇――川崎戦の意地のゴールを“起爆剤”にできるか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ