【セルジオ越後】中島、堂安の突破力頼みでタメがない!二人に「行ってこーい」の攻撃ばかりじゃ通用しなくなる

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月17日

ボランチもサイドバックも2列目についていけなかった

攻撃を牽引した中島だったが、周囲との連係は今ひとつ。越後氏は左サイドバックの佐々木とのコンビネーション不足を指摘。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 キリンチャレンジカップのベネズエラ戦は1対1の引き分けに終わり、森保ジャパンの初陣からの連勝は3で止まった。それなりにチャンスは作ったし、惜しい場面もあったんだけど、どこか試合前のドタバタも含めて、連勝中に感じられた冷静さを欠いたような試合だった。
 
 渋滞によるバスの到着時間が大幅に遅れて、アップ時間も満足にとれなかったなかでの試合だったけど、それは相手も同じこと。条件は一緒だから、そこはプロとして結果の言い訳にはできないね。
 
 むしろ、そういうなかでもベネズエラを押し込んだシーンは多々あったわけだけど、気になったのはスピーディに攻め込んだ割に、厚みがない攻撃も目立っていたということ。日本は相変わらず、中島、堂安、南野の3人を中心にしたイケイケのサッカーで、ベネズエラ戦ではとりわけ2列目左サイドの中島と右サイドの堂安がよくボールに絡んでいた。
 
 ただし、ふたりが持ち前の突破力で相手DFを剥がしたり、引きつけたりして、ブロックを崩していこうとしていたけど、どうも2列目のふたりにボランチがついていけていない。柴崎がシュート1本、遠藤が0本という数字もさることながら、ボランチ陣が効果的に前線に絡んだ場面はほとんどなかった。
 
 両サイドバックの攻撃参加もぎこちなかったね。左の佐々木が中島を追い越すようなシーンは数えるくらいしかなかったし、右サイドの酒井にしても堂安の大外を回ろうとしたものの、結局追い越しきれなくて、堂安が単独で突破を図って阻まれるというシーンがあった。
 
 結局、攻撃面に関しては“中島・堂安頼み”になって、ふたりに「行ってこーい」という攻めになってしまった印象だ。要するに「タメがない」。ベネズエラ戦の日本の攻撃はこの一言に尽きるんじゃないかな。
 
 中島、堂安に気を遣いすぎたのか、前線の南野や大迫もちょっと影が薄かったね。中島は3本、堂安は2本のシュートを放ったのに対して、真ん中のふたりは南野の1本に終わってしまったからね。
 
 中島、堂安がちょっと前に急ぎ過ぎた面もあるだろうし、周囲もタイミングよく絡んでいけなかった側面もあるだろう。いずれにしても、チームとしてもっと“タメ”を意識できないと、厚みのある攻撃は生まれない。そうなると、中島と堂安の突破力というせっかくの武器が、単発に終わるケースも増えてくるだろうし、さらに強い相手には通用しなくなるよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ