J王者のボランチから日本代表のボランチへ――。成長著しい守田英正が示す覚悟

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年11月14日

大卒ルーキーとしては驚くような1年を歩む

大卒1年目で川崎のレギュラーに定着した守田。日本代表の11月シリーズのメンバーにも追加招集された。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 先日、リーグ連覇を果たした川崎にとって、ひとつの転機となったのはロシア・ワールドカップの中断期間だろう。6月末にレギュラーボランチのエドゥアルド・ネットが名古屋へ電撃移籍。前年のリーグ初制覇の原動力となった中盤のコントロールタワーの流出は痛手だったが、代わりに存在感を高めたのが大卒ルーキーの守田英正だった。
 
 レギュラーとして大島僚太とボランチを組むようになった守田は、トップ下の中村憲剛の薫陶を受けながら急成長。持ち前の守備力だけでなく、展開力、そして相手エリア内に侵入するフリーラン、豊富な運動量を活かして攻守の潤滑油として働き、川崎の中盤には欠かせない存在となった。
 
 J1リーグ20節の“神奈川ダービー”川崎と横浜の一戦では、2ゴールに絡み、2-0での勝利に貢献。俊英の活躍に中村も「うちのレギュラーでやるなら、もっとやってもらわなくちゃいけない。彼に求めるところは高いので」と付け加えながら、目を細めた。
 
「素晴らしいのひと言。技術があって動けるし、素直で話も訊く。とにかく彼には期待しかしていないです。ゲームコントロールはまだ足りないけど、それを補って余りある魅力を持っていますからね」
 
 9月には船出を切った森保ジャパンに初選出され、コスタリカ戦でA代表デビュー。この試合で左足を負傷し、約4週間の離脱を強いられ、日本代表の10月シリーズには招集されなかったが、11月10日には川崎の一員としてリーグ連覇を達成。大卒ルーキーとしては期待以上の1年を歩んでいるが、優勝決定後には「僕の力は全然ですが、少しくらいは優勝に貢献できたのかなと思います。でも1年目なのでこれからが大事です。まだ先輩たちに引っ張ってもらっている立ち場なので」と謙虚に語った。
 
 そしてリーグ制覇から2日後、今度は負傷した青山敏弘の代わりに11月16日にベネズエラ(大分スポーツ公園総合競技場)、20日にキルギス(豊田スタジアム)と対戦する日本代表のメンバーに追加招集された。
 
【日本代表練習】大勢のファンに見守られながら調整し、練習後には多くの選手がサインに応える!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ