森保一監督が見せた""兼任監督"の一面――東京五輪の"助っ人"に北川航也が急浮上か

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2018年11月17日

興味深かったのは、交代のファーストチョイスでピッチに入った北川と原口だ

ベネズエラ戦に途中出場した北川に対する森保監督の期待は高そうだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 森保一日本代表監督の4試合目はドロー。先制点を奪い、追加点を奪えるチャンスをいくつも作りながら決め切れず、勝ちきれなかった。ただ、今までの3試合は複数得点を奪っての勝利ゆえ、出来すぎた感もあったので、これをアベレージと見れば、それほど悪くはない。
 
 このベネズエラ戦を観ていて興味深かったのは、後半だ。
 68分に大迫勇也、中島翔哉を北川航也と原口元気に代え、77分に南野拓実、堂安律に代えて杉本健勇、伊東純也を投入し、攻撃のユニットをフル交代させた。
 
 その1分後、酒井宏樹がPKを献上し、同点に追いつかれた。攻撃のユニットを全交代させた後の失点はいただけないが、大迫や南野が見せていた前線からのプレスの迫力がなくなり、相手がいいようにボールを持ち始めた矢先の失点なので、途中出場した選手たちはいろいろと感じるものがあったはずだ。
 
 森保監督は、攻撃陣をフルに代えた一方、ボランチから後ろの選手は代えなかった。どんな試合も勝つことを考える森保監督にとって1-1の状態で守備陣を変えるのはリスクが大きいと判断したのだろう。
 興味深かったのは、そのことではなく、交代のファーストチョイスでピッチに入った北川と原口だ。
 状況にもよるが、最初にピッチに投入されるというのは、監督の信頼の証だ。
 
 A代表の攻撃のユニットは、この日のスタメンの4人、大迫、中島、南野、堂安が中心になっていくのは間違いない。そのなかでも、大迫の代わりになるようなFWの選手がなかなかいない。北川にはエース不在時にトップに立ってほしいという森保監督の願望にも似た期待の大きさを感じる。この日は90+1分、原口からのパスを受けてボックス内で反転シュートを見せるなど、FWとしての能力の高さを見せた。その瞬間、森保監督は嬉しそうにほほ笑んでいた。
 
 北川には、東京五輪を戦うチームのオーバーエイジ枠としても期待しているのではないだろうか。
 森保監督はA代表の監督であるのと同時に、U-23日本代表を率いて2020年東京五輪を戦う指揮官でもある。頭の片隅では、予選なく本大会を迎えるチームをどうブラッシュアップしていくのか、常に考えている。そのチーム作りの一環として森保監督はオーバーエイジ枠を「早い段階で考えていく」ということを以前、述べていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ