【G大阪】宮本監督も吸収力の高さを絶賛!! 6戦連発の韓国代表FWファン・ウィジョが“ケチャドバ”状態

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2018年11月12日

左右両足、頭に自らの仕掛け…。多彩なゴールパターンが好調を物語る

6試合連続ゴールを放ったファン・ウィジョ。記録はどこまで伸びるだろうか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その得点パターンの多彩さが今の好調を物語っている。11月10日の32節・湘南戦。G大阪の韓国代表FW、ファン・ウィジョがクラブタイ記録となる6試合連続得点を挙げた。もっと言えば、韓国代表での活動も含めればアジア大会以降の公式戦は16試合・17得点。8月以降は“ケチャドバ”だ。宮本ガンバのJ1残留は韓国人ストライカーなくして有り得なかったといっても過言ではない。
 
 Jリーグに焦点を絞って、そのゴールパターンを振り返ってみたい。
 
 6戦連発の“幕開け”は9月15日の神戸戦。1-1の68分。左サイドで展開されるなか、一度ニアに入る素振りを見せてファーサイドのスペースを突いて右足で逆転弾を挙げた。
 
 9月21日の清水戦。26分に戻りながらの左足ボレーでこの日2得点目。1点目は右からのクロスを右足ボレーで合わせた。
 
 9月29日、広島戦。0-0の84分、CKのチャンスからコースが変わったボールに反応。
 
 10月20日、横浜戦。縦パスをエリア内で受けると素早い反転からDF2人を翻弄しゴール。
 
 11月3日、浦和戦。左サイドからドリブルで独走。最後はカットインから右足でゴール。
 
 そして湘南戦。60分に右クロスをヘディングで合わせて、これが決勝弾となった。
 
 左右両足、頭、自ら仕掛けることもできれば、一瞬の動きでマーカーを外すこともできる。完成されたストライカーになりつつあるが、シーズン序盤は周囲とのリズムが合わないシーンが目立った。積極的に裏のスペースへ抜け出そうとするが、タイミングが合わずにオフサイドに引っ掛かりまくり。無理な体勢からシュートを打とうとして相手ブロックに阻まれることも多々あった。改善できたのは得点王を獲得したアジア大会でのブレイクと、そして宮本恒靖監督の“満足させない姿勢”があったからだろう。
 
「ツネさんは常にチーム全体の課題や次のミッションを与えてくれる。もちろん良かったところはそのまま継続させてくれるけど、その課題に個々が向き合って次の試合に臨んでいる」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ