飯間 健 新着記事

負けたら辞任もあり得た?背水の宮本ガンバが"大阪ダービー"で手にした1勝以上の価値

 ダービーが特別な試合であることは言うまでもない。独特の重さがあることも理解している。ただ、それを差し引いても、37度目の大阪ダービーは戦前から異様な雰囲気が漂っていた。取材を進めていけばいくほ... 続きを読む

「名前でサッカーはできない」ガンバ宮本監督、二つの決断で首位相手のクリーンシートに導く

[J1リーグ10節]G大阪0-0FC東京/5月4日(土)/パナスタ  敵将の長谷川健太監督の言葉がすべてだった。「まるで別のチームと対戦しているようだった。隙を与えてくれなかった。今日のガンバのデ... 続きを読む

後半だけでシュート10本の攻勢も「90分はもたない…」ガンバ宮本監督が葛藤する理想と現実の狭間

[J1リーグ8節]G大阪1-1大分/4月20日/パナスタ  日本代表GK東口順昭の言葉が現状を物語っていた。「相手は(順位的に)格上。前半、自陣に引いた戦い方をするのは、今日に限っては良かったと思... 続きを読む

【神戸】元スペイン代表FWの動き出しに絶賛の声も!! 魔術師不在で見えた新戦力ビジャと周囲のフィット感は?

 今季も大型補強を敢行した神戸は2月13日、光州(韓国2部)と沖縄キャンプ総仕上げの練習試合を行なった。練習試合3試合目にして、元スペイン代表FWダビド・ビジャが直接FKで移籍後初得点。4-1の... 続きを読む

【G大阪】王者・川崎を相手に明確となった今野泰幸の必要性。サブ組からの復調は開幕までの最重要案件だ

 ガンバ大阪は2月9日、沖縄キャンプ総仕上げとなる練習試合・川崎フロンターレ戦(45分×4本)に臨んだ。主力組同士の戦いとなった2本目までにG大阪が奪った得点はアデミウソンのPKのみ... 続きを読む

宮本ガンバがJ1相手の初実戦で見せた2年目の変化。ツネ監督が求めるサッカーに選手の反応は?

 狙った通りの形だった。開始3分、相手CKをクリアしてからのカウンター。最前線でボールを受けたFWアデミウソンの突破から、一気に右サイドを駆け上がってきたMF小野瀬康介がネットを揺らした。ボール... 続きを読む

名古屋のジョーが2年連続得点王へ“確信”のスタート! 世界的FWの集結には「Jリーグが強くなる」と大歓迎

『得点王』という肩書きは相手から見れば脅威であり、必要以上の警戒を与える。18年シーズン、来日1年目で24得点を挙げて得点王に輝いた名古屋FWジョー。5日の練習試合・札幌戦(沖縄・黄金森公園)で... 続きを読む

争奪戦が必至! ガンバ快進撃の立役者、ファン・ウィジョは「移籍」してしまうのか

 12月1日のJ1リーグ最終節、柏レイソル戦を2-4で落とし、ガンバ大阪はクラブ新記録となる10連勝を逃した。 これで今季の全日程が終了し、リーグ戦は9位。ルヴァンカップが準々決勝敗退で、天皇杯... 続きを読む

「攻撃だけ守備だけの練習はしていない」宮本ガンバのスタイルが体現された長崎戦は“らしく”楽しい90分!

 ボールポゼッション率は55%。シュートは16本を数えた。  MF中村敬斗のパスからFW渡辺千真がダイレクトで左SB藤春広輝につないだシーン、MF遠藤保仁のスルーパスに藤春が反応して折り返し、FW... 続きを読む

【J1採点&寸評】G大阪2-1長崎|成長の跡を示した18歳ルーキーを最高評価! クラブの歴史に名を刻む大活躍!!

[J1リーグ33節]G大阪 2-1 長崎/11月24日/吹田S 【チーム採点・寸評】G大阪 7試合開始から主導権を握る。攻守の安定感、選手層の厚さを見せつけ、クラブタイ記録のリーグ9連勝を達成。 【G大... 続きを読む

大幅メンバー変更を明言した森保監督。キルギス戦で先発が予想されるのは?

 アジアカップへ向けた最終テストのキルギス戦は、文字通り「サバイバル」となる。森保体制3度目の合宿となった初日の12日。10月のパナマ戦とウルグアイ戦でスタメン9人を入れ替えたことを受け、ベネズ... 続きを読む

森保ジャパン発足から2か月半。競争原理のなかに見えてきた「序列のメカニズム」

 3度目となる森保ジャパンの合宿が11月12日、大分県内でスタートした。新体制発足から2か月半、のべ34選手を招集。森保一監督は、「これまで以上の成長が感じられるようにしたい。アジアカップに向け... 続きを読む

【G大阪】宮本監督も吸収力の高さを絶賛!! 6戦連発の韓国代表FWファン・ウィジョが“ケチャドバ”状態

 その得点パターンの多彩さが今の好調を物語っている。11月10日の32節・湘南戦。G大阪の韓国代表FW、ファン・ウィジョがクラブタイ記録となる6試合連続得点を挙げた。もっと言えば、韓国代表での活... 続きを読む

若き本田圭佑を想起させる堂安律の言動――20歳のエース候補が早々に代表の中心になりたいと思うワケ

 その目は遙か先を見据えていた。4日から札幌で行なわれている日本代表合宿に合流した20歳のMF堂安律(フローニンヘン)は、こう強調した。「本当に年齢は関係ないって思っているんで。口だけでそう言う... 続きを読む

ガンバ残留への救世主となる! J1通算89得点の本格派FWが担う“ラストピース”の大役

 やろうとしていることは90分間、見て取れた。周囲も使おうとしていることは感じられた。だから収穫と課題、自分がやるべきことが見えた。 「自分が入ることで雰囲気を変えたい」 ヴィッセル神戸からガンバ大... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ