絶好調ファン・ウィジョが止まらない! 宮本恒靖監督が感じた“進化”

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年09月16日

ストライカーとしての凄みがさらに増している

神戸戦で先発出場したファン・ウィジョ。値千金の決勝ゴールを決め、低迷するG大阪に勝点3をもたらした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]神戸1-2G大阪/9月15日/ノエビアスタジアム神戸

 いわゆる“ゾーンに入った”という状態か。ガンバ大阪のファン・ウィジョが目下絶好調だ。
 
 9月15日に行なわれたJ1リーグ26節の神戸戦で、17位に低迷するチームに貴重な勝点3をもたらしたのが、この韓国人ストライカーだった。
 
 68分に、DFのマークを外してゴール前に飛び出すと、左サイドを突破した倉田秋からのパスをダイレクトで流し込み、値千金の決勝点を奪ってみせた。
 
 8月末からインドネシアで開催されたアジア大会にオーバーエイジとして出場し、得点王となる通算9ゴールをあげて韓国代表に金メダルをもたらし、9月の親善試合ではA代表にも選出された。その好調ぶりをJリーグにも持ち込んでいる。
 
「アジア大会、A代表と続いて来て、Jリーグでも良いコンディションを維持したかった。その努力が今日の活躍に至ったと思います」
 

G大阪の宮本監督は、ファン・ウィジョの働きを称賛。その進化を語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 約1か月で7試合をこなした代表活動で自信を深めたファン・ウィジョは、神戸戦の活躍に手応えを語る。もっとも、これまで決して調子が悪かったわけではない。代表チームに帯同する前の20節までリーグ戦全試合に出場して9得点と、調子の上がらないチームで孤軍奮闘していた。
 
 しかしここに来て、ストライカーとしての凄みがさらに増しているのだ。元日本代表DFで現在G大阪を率いる宮本恒靖監督も、その“進化”を感じている。神戸戦の後、以下のように話した。
 
「より効率的なプレーというか、点に直結するような場所でのプレーが増えたと思います。もちろん守備面の頑張りとかも今日もありましたけど、攻撃面で、どこでボールを受けるのかとか、ペナルティエリア付近で、どこで足を振るのかというところに関して、少し速くなったなという印象はあります」
 
 ますます感覚を研ぎ澄ませているファン・ウィジョが、この調子を維持できれば、G大阪は残留争いから抜け出せるはずだ。ゴール量産に期待が懸かる。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

【神戸1-2G大阪 PHOTO】白熱の関西ダービーは、後半猛追のG大阪に軍配!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ