健闘及ばず17位以下が確定…J1初挑戦の長崎に足りなかった”勝つための+α"

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年11月12日

得点力不足が重い足かせに

横浜に敗れ呆然と立ち尽くす徳永(32番)。ベテランらしい安定した守備を見せたが、攻撃は活性化できなかった。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 V・ファーレン長崎は10日にホームで行なわれたJ1リーグ32節で横浜F・マリノスに敗れ、リーグ2試合を残して今季の17位以下が確定した。
 
 長崎がここからJ1に残留するには、残る2試合で柏レイソルとの勝点差4を逆転し、なおかつJ1ライセンスを持たないFC町田ゼルビアがJ2で2位に入った場合のみ出場できるJ1参入プレーオフ決定戦に勝利するしかない。他力の要素が強く、文字どおりの崖っぷちと言って良いだろう。

 開幕前には「降格候補の最右翼」と目されながらも一時はリーグ4連勝を達成するなど、初のJ1とは思えぬ戦いを見せた長崎だったが、最終的にその評価を覆せなかったのはなぜか? その原因のひとつには「+αの不足」があった。
 
 初のJ1を戦うにあたり、徳永悠平、徳重健太らベテランと鈴木武蔵、黒木聖仁ら即戦力を中心に補強した長崎だが、J2から昇格したばかりのチームを急激に強化するには、決して充分とは言えず、選手たちの成長は必須とされていた。
 
 特にそれが顕著だったのが、攻撃陣だ。ファンマ、中村慶太、ベン・ハロランらはJ1での経験がなく、澤田崇、平松宗、鈴木武蔵らもJ1ではほとんど得点はできていなかった。そこでチームは守備にリスクをかけて得点を狙っていくことになったのだが、それが失点増へとつながり、ここに攻守のリンク役である黒木、攻撃の司令塔である中原彰吾が故障で出遅れたことでチームはリーグでなかなか勝利を手にできなかった。
 
 それでも選手たちがJ1のスピードや強度に馴れ、黒木と中原が復帰して攻守が噛み合いだした4月からは結果も出るようになっていた。開幕前の「ワールドカップの中断期間までの15試合にスパートをかける」というプラン通りに15位で中断期間に突入できたのである。懸念された攻撃陣も15節終了時点で、鈴木が自身のシーズン最多得点記録を更新する5得点、中村慶に至っては鈴木と並ぶリーグ5得点だけでなく、ルヴァンカップでも2得点と大きな成長を示していた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ