「私はチームを“日本化”させた」ハリルが大不振の古豪を蘇らせ4連勝!老将が語る好調の秘訣

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月05日

数字にも表われるハリル効果。

巧みな手腕で低迷していたナントを立て直しているハリルホジッチ。その采配は今、大きな注目を浴びている。 (C) Getty Images

画像を見る

 元日本代表監督が、自身もOBとして名を連ねるクラブを立て直そうと奮闘している。

 現地時間11月4日に行なわれたリーグ・アン第12節で、ナントは本拠地でギャンガンと対戦して5-0と大勝した。

 これでナントはリーグ戦で4連勝。8試合を消化した時点で勝点6しか挙げられておらず、一時は降格圏の19位に低迷していた古豪は、順位を10位にまで浮上させている。そんなチームにあって、とりわけ目を引いているのが先月2日に途中就任した前日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチの手腕だ。

 現役時代、1981年から86年にかけて、2度のリーグ制覇など黄金期を謳歌したナントでFWとしてプレーした実績を持つハリルホジッチは、日本代表の電撃解任以来となる現場で辣腕を振るって、統率力を高め、バラつきが目立っていたナントを瞬く間にまとまりのあるチームへと昇華させた。

 その成果は数字にも如実に表われている。ハリルホジッチが就任する前の8試合で8得点・13失点と落ち込んでいたナントだが、就任後の4試合で11得点・4失点と、首位を独走するパリ・サンジェルマンの14得点1失点にも決して引けを取らない好成績を収めているのだ。

 見事な4連勝を飾ったギャンガン戦後、66歳の老将は、「この勝利を味わうべきだ。将来に向けての希望となるものだった。ただ、野心について話すには時期尚早だ」と気を引き締めながら、日本代表を指揮した経験が今に活かされていることを明かしている。その言葉を地元紙『L'Obs』が伝えた。

「選手たちの振る舞いは信じられないよ。私は、就任した当時、戦術的なこと以外にも、時間を守ることだったり、言うことを聞かせることだったりと多くの仕事があると思っていたが、今、チームはプレーしない選手たちでさえも謙虚にやってくれている。

 私は彼らには謙虚さを保つことが重要だと思っているが、選手たちもそれに気づいているはずだ。私は彼らを指導するうえで、精神的なアプローチをしている。責任感、尊厳、時間の厳守を徹底させるうえで、少しばかりナントを“日本化”させて仕事をしているんだ。それが早くも実っている」

“日本化”を行なって降格候補だったチームを蘇らせたハリルホジッチ。その手腕に導かれるナントの躍進は一体どこまで続くのか? 彼らの戦いぶりに注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ