【J1採点&寸評】C大阪 2-1 川崎|川崎は締まらない内容も連覇決定!MOMは古巣相手に意地を見せた杉本健勇

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年11月10日

C大阪――先制点に関与した丸橋を高評価。

【警告】C大阪=なし 川崎=なし
【退場】C大阪=なし 川崎=なし
【MAN OF THE MATCH】杉本健勇(C大阪)

画像を見る

[J1リーグ32節]C大阪 2-1 川崎/11月10日/ヤンマー
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 6.5
前半にしっかりと耐えて無失点に抑え、後半に2ゴール。見事な試合運びでチャンスをしっかり決めて、勝利を手にした。

【C大阪|採点・寸評】
GK
1 キム・ジンヒョン 5.5
押し込まれた前半、何度かあったピンチを好セーブで乗り切った。しかし試合終盤、味方の連係ミスもあって相手を倒してPKを献上し、もったいない失点を喫した。
 
DF
2 松田 陸 5.5
果敢に攻め上がり、高い位置で攻撃に関わった。しかし、味方とのタイミングが今ひとつ噛み合わなかったのか、パスを受けてからは無難なプレーが多かった。
 
22 マテイ・ヨニッチ 6
左右からのクロスやロングボールに対して、エアバトルで強さを発揮していた。90分を通して集中力を切らすこともなかった。
 
23 山下達也 5.5
マッチアップした途中出場の知念に対して、タイトに身体を当てて上手く対応していた。だがゲーム終盤、味方との連係ミスを突かれてPKを与えてしまった。
 
14 丸橋祐介 6.5
55分、杉本に入れた縦パスは秀逸。トラップからパスまでの速さ、ボールスピードがなければ、先制点は生まれなかったとも言えるだろう。
 
MF
6 山口 蛍 5.5
守備時のポジショニング、そこからのボール奪取など、最低限のプレーはこなしていた。だが、攻撃に関与する回数は少なく、積極性は感じられなかった。
 
11 ソウザ 5.5(88分OUT)
後方からゲームを組み立てていたが、いざ縦に行こうとするとスルーパスなどを相手に引っかける場面もしばしばあった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ