【岩本輝雄】好調フロンターレの“リーグ最少失点”の秘密を3つのポイントで探る

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2018年09月24日

シンプルに「強いな」と思ったね

グランパス戦の勝利で、首位サンフレッチェとの勝点差は「4」に。連覇を狙うフロンターレがじわじわと追い上げてきた。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ27節]川崎3-1名古屋/9月22日/等々力
 
 ともに攻撃力に秀でるフロンターレとグランパスの対決は、3ゴールを奪ったフロンターレに軍配が上がった。
 
 グランパスも悪くはなかったけど、正直、チームの完成度ではフロンターレのほうが一枚も二枚も上手だった。盤石のポゼッションで主導権を握り、チャンスを確実にモノにする。前半に2点をリードした後、後半に入って1点を返された時はリズムを崩しかけたけど、5分もしないうちに3点目を奪って相手を突き放す。シンプルに「強いな」と思ったね。
 
 その攻撃力に目を奪われがちだけど、今季のフロンターレの充実は、改めて言うまでもなく、リーグ最少失点の堅守にある。1失点したとはいえ、硬い守備はこのグランパス戦でも見て取れた。
 
 なによりも、谷口と奈良の両CBの強靭さが際立っていたよね。球際で厳しく対応して、空中戦でも簡単に競り負けない。グランパスにはジョーという手強いFWがいるけど、ほとんど仕事をさせなかった。
 
 相手のエースを抑え込めた要因は、他にもある。前線でスタンバイするジョーには、なかなか良い形でパスが入ってこなかった。それはフロンターレの前線の選手たちが、高い位置で守備をサボらなかったから。たとえボールを奪えなくても、相手に自由に蹴らせず、フィードの精度を少しでも落とそうとする。小さなことかもしれないけど、こうした献身さによって、後ろのDF陣は的を絞りやすくなるからね。

【注目選手】必見!川崎のエース小林の厳選PHOTO

【川崎 3-1 名古屋 PHOTO】強い川崎。ジョーの連続得点はストップ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ