【鹿島】3失点後の“円陣”に、なぜセルジーニョだけが加わらなかったのか?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月25日

「逆に僕は前の選手として」ゴールに集中していた

1得点・2アシストと、チームの全得点に絡んだセルジーニョ。自身に求められるタスクを完遂した。(C)Getty Images

画像を見る

【ACL準決勝②】水原三星3-3鹿島/10月24日/水原
 
 3失点目を喫した直後だった。フィールドプレーヤーが集まり、円陣が組まれる。
 
 前半に幸先良く先制したゲームだったが、後半が始まって間もなく、わずか8分間で3つのゴールを奪われる。このままズルズルと行かないよう、一度、戦術面の確認や、落ち込みそうになる気持ちをお互いに高め合うための行動だったのだろう。
 
 その輪の中にひとりだけ加わらず、センターサークルで試合の再開を待つ選手がいた。
 
 セルジーニョだ。なぜ、自分も一緒になって“話し合い”に参加しなかったのだろうか。
 
 セルジーニョには、セルジーニョなりの考えがあった。
 
「僕はすごく冷静だったし、落ち着いてもいました。みんなが集まったのは、失点しているので、守備のことに関して修正しようとしていたわけであって。後ろのみんながあれだけ頑張って、なんとかしようとしているんだから、逆に僕は前の選手として、点を決めなければいけないんだっていう気持ちでした」
 
 その言葉どおり、背番号18のブラジリアンは自らに求められる仕事を完遂する。64分、左からのクロスをヘッドで流して西大伍のチーム2点目を演出。さらに82分、鈴木優磨のアシストから右足を思い切り振り抜き、値千金の同点弾を叩き込んだ。
 
 25分には狙いすましたFKで山本脩斗の先制ゴールをお膳立て。1得点・2アシストの活躍ぶり。文字どおり、“救世主”としてのハイパフォーマンスだった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】鹿島アントラーズを応援する美女サポーターたち
【関連記事】
【ACL採点&寸評】水原三星 3-3 鹿島|壮絶な撃ち合いに終止符を打ったブラジリアンがMOM!
【鹿島】失点に絡んだ昌子源が猛省。それでも本来の姿を取り戻しつつある
「スリリングな戦いの末に生き残る」「素晴らしき決闘」海外メディアも鹿島のACL決勝進出を絶賛!
「スンテ神」「神様!仏様!セルジーニョ様!!」「よし”鹿島った"!!」ACL決勝進出を決めた鹿島のファンもハラハラ、そして歓喜の声!!
天皇杯で下剋上!J2山形がJ1首位の川崎を下してベスト4へ。浦和も4強入り

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ