【鹿島】失点に絡んだ昌子源が猛省。それでも本来の姿を取り戻しつつある

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月24日

「フィーリング的には徐々に合ってきている」

DFとして3失点は悔しい結果だが、完全復活への手応えも掴んだ。(C)Getty Images

画像を見る

【ACL準決勝②】水原三星3-3鹿島/10月24日/水原

「見てもらったら分かるとおり、チームに迷惑をかけてしまった」
 
 ACL準決勝第2レグは3-3のドロー決着も、第1レグは3-2と勝利しており、トータルスコア6-5で、鹿島は初のファイナル進出を果たした。
 
 しかし、昌子源は自分のパフォーマンスには納得していない。1-0で迎えた後半、52分、53分、60分と連続失点。2失点目は競り負けてヘディングシュートを許し、3失点目は迫りくる相手を止められなかった。
 
「3か月休んで、(フル出場が)2試合目で、フィーリング的には徐々に合ってきているけど」
 
 本調子でないことは事実。失点する時間帯では、“らしくない”プレーが目についた。
 
 それでも、無失点に抑えた前半はほぼパーフェクトだった。果敢なシュートブロックを見せ、ラインを的確にコントロールし、質の高いパスも味方に供給した。本人が語るように、少しずつ、本来の「昌子源」に戻りつつあるのだろう。
 
「決勝までには、自分の100パーセントに持っていきたいと思っている。持っていくために、しっかり自分にできることをやっていきたい」
 
 今の自分に何ができて、何ができないのか。これから何をしていくべきなのか。それを痛感したゲームでもあったが、「しっかり僕がコンディションを上げることが間違いなく必要。それは自分でも感じている」と、来るべきファイナルに向け、完全復活を誓った。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】鹿島アントラーズを応援する美女サポーターたち
【関連記事】
【ACL採点&寸評】水原三星 3-3 鹿島|壮絶な撃ち合いに終止符を打ったブラジリアンがMOM!
「スリリングな戦いの末に生き残る」「素晴らしき決闘」海外メディアも鹿島のACL決勝進出を絶賛!
「スンテ神」「神様!仏様!セルジーニョ様!!」「よし”鹿島った"!!」ACL決勝進出を決めた鹿島のファンもハラハラ、そして歓喜の声!!
鹿島がシーソーゲームを制し、ACL初の決勝進出!! 西が同点弾、セルジーニョが逆転弾!
「頂点に立たないと意味がない」昌子源を奮い立たせるジーコの金言

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ