天皇杯で下剋上!J2山形がJ1首位の川崎を下してベスト4へ。浦和も4強入り

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月24日

3-0から1点差まで詰め寄られたが…

山形が大健闘!3-2で川崎を下し、4強へ駒を進めた。写真はリーグ戦のもの。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 天皇杯準々決勝の3試合が24日、各地で開催された。

 NDソフトスタジアムで行なわれた川崎フロンターレ対モンテディオ山形は、3-2で山形が勝利。熊谷スポーツ文化公園陸上競技場での一戦では、浦和レッズがサガン鳥栖を2-0で下し、ヤマハスタジアムではジュビロ磐田とベガルタ仙台が1-1で延長戦に突入している。
 
 サプライズは、やはりJ2山形の勝利だろう。J1首位の川崎を向こうに回し、開始2分に小林成豪が先制点。さらに36分に坂井達弥が追加点を奪うと、後半立ち上がりの49分にも阪野豊史が3点目を挙げた。その後、退場者を出した川崎に2点を返されたが、同点弾は許さずに3-2でフィニッシュ。山形の4強進出は、準優勝した2014年大会以来2回目だ。
 
 一方、リーグ戦の順位通りの結果が出たのが、浦和対鳥栖だ。J1で5位の浦和は、立ち上がりから試合の主導権を握って16位の鳥栖を攻め立て、16分に宇賀神友弥が先制点。31分に槙野智章が追加点を挙げ、そのまま2-0で逃げ切った。また、磐田対仙台は、磐田の小川航基が9分に先制し、86分に仙台のジャーメイン良が同点弾を奪っている。
 
 準々決勝残り1試合の鹿島アントラーズ対ヴァンフォーレ甲府は、鹿島がACLに参戦しているため、11月21日に開催。準決勝は、12月16日に行なわれ、山形は磐田対仙台の勝者と、浦和は鹿島対甲府の勝者と対戦する。
 
【関連記事】
鹿島がシーソーゲームを制し、ACL初の決勝進出!! 西が同点弾、セルジーニョが逆転弾!
「山本しゅうとのヘディングシュートオオオオ!」「スンテが絡んだだけでブー」ACL鹿島の先制に、敵地の雰囲気に反響続々!
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
【セルジオ越後】「リトルビッグ3」のスタート!問われるのは”継続性”だ
「セビージャはもはや払えない!」超人気銘柄・中島翔哉の“違約金”が凄まじい額に!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ