その才能は久保建英に匹敵!? 斉藤光毅がSBS杯で示した「16歳Jデビュー」をできたワケ

カテゴリ:国際大会

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年08月20日

「日本人は身体が小さくてフィジカルが…」

上手く身体を使ってパラグアイのDFをブロックする斉藤。ボールの扱い方も上手く、小柄ながらキープ力があった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[SBSカップ] U-18日本代表1-2U-18パラグアイ代表/8月19日/草薙総合運動場陸上競技場
 
 斉藤光毅と久保建英のプレーが重なるように見えた。
 
 SBSカップの第3戦・U―18日本代表対U―18パラグアイ代表が行なわれ、日本が1-2で敗戦。チームは試合に負けたものの、先発フル出場した斉藤が好パフォーマンスを披露した。
 
 ゲーム序盤、日本がパラグアイに押されたが、斉藤はスペースへの抜け出しから起点を作り、劣勢の状況を変えていく。徐々に正確なポストワークで日本を勢いづかせると、33分には右サイドの深いエリアに走り込み、ゴール前の宮代大聖へ折り返しのボールを送って決定機を演出した。前半、斉藤が繰り返したランニングは間違いなく効いていた。
 
 実際、斉藤も「走って裏を取るのは、僕の持ち味。センターバックの(石尾)崚雅とかにも、走るから見ておいてと話していて、どんどん仕掛けて相手に怖がられるようなプレーをしたいと思ってました」と特長を活かしたプレーだったと振り返る。たしかにその言葉通り、出し手と受け手のタイミングは、ほとんどばっちり合っていた。

 しかし、ポテンシャルを感じさせたのは、それだけではない。斉藤はリズムを掴んだ後半、最終ラインの背後だけでなく、少し中盤に落ちて足下でボールをもらうようになったのだが、その受け方が絶妙。屈強なパラグアイ人CBのチェックを巧みな動きで外し、狭いスペースで何度もボールを呼び込んだ。さらに、仮に身体を当てられたとしても、上手くボールを隠しながらキープして、ドリブルからチャンスに絡んだ。
 
 そのパスの引き出し方が、久保のプレーと重なったのだ。今夏に横浜にレンタル移籍した天才も、当時15歳ながら飛び級招集された2017年のU-20ワールドカップで、動き出しと非凡なボールスキルを駆使して攻撃を牽引し、チームの決勝トーナメント進出に貢献していた。
 
 ちなみに同じ2001年生まれのふたりの身長・体重は現在、斉藤が170センチ・61キロで、久保が173センチ・67キロ。ともに小柄ながら、国際大会で大柄な海外の選手を相手に、サイズの不利を感じさせないインテリジェンス溢れるプレーをしていた。
 
 パラグアイ戦後に語られた、影山雅永監督の斉藤への評価はこうだ。
 
「あの小さな身体でボールをしっかりとキープできる。そして、2トップがお互いを見ながら降りる、出る、その距離感を保ちながら非常に良いパフォーマンスをしてくれたと思います。日本人は身体が小さくてフィジカルが…なんて言われ方をしますけど、あの身体でしっかりと屈強なDFを抑えて、そして自分がボールを扱うスペースを作って、相手から遠い足でキープすれば、全然関係なくできるんだと。そういうものをしっかりと世に示す良いサンプルなんじゃないかなと思います」
 
 最大級の賛辞と言えるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ