鎖骨骨折でもU-17W杯メンバー入り。森山佳郎監督がベタ褒めする斉藤光毅とはどんな選手か

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月22日

「怪我があっても連れて行って、その(国際大会の)雰囲気を感じてもらいたい選手」(森山監督)

森山監督が期待する斉藤は現在、鎖骨を骨折しているが…。写真:川端暁彦

画像を見る

 10月6日に開幕するU‐17ワールドカップで注目すべき選手は久保建英だけではない。久保と同じく2001年生まれで、横浜FCユースに所属するFW斉藤光毅も、世界を驚かせる可能性を秘めた逸材だ。
 
 斉藤は6月に仙台で開催されたインターナショナルドリームカップでU-16日本代表の優勝に貢献。自身は大会MVPと得点王を獲得した。その活躍が認められてU-17代表にも選出され、今回のワールドカップメンバーにも入ったわけだ。

 期待のストライカーは、切れ味鋭いドリブルとゴールセンスが武器で、先のインターナショナルドリームカップでは3試合で4得点を挙げた。とりわけ活躍が際立ったのがU-16ギニア代表戦で、自身のハットトリックを含む、全5得点に絡んだのだ。
 
 ここまで語れば否が応でも本大会での活躍に期待が膨らみそうだが、実は9月の初めに斉藤は鎖骨を骨折し、「今は安静にしている状態」(森山監督)。御前崎での直前キャンプで「どの程度、プレーが可能なのかも含めて確認」し、「予選の2、3戦目くらいで復帰が可能なら連れて行く」のだという。指揮官は、それだけ大きな期待を寄せているのだろう。
 
「僕らスタッフのなかでも、その怪我があっても連れて行って、その(国際大会の)雰囲気を感じてもらいたい選手ではある。今ぐいぐい成長しているところで、彼を連れて行って少しでもピッチに立たせたいと思える選手です」
 
 森山監督にここまで言わせる俊英は、世界を相手にどんなプレーを見せるのか。怪我の回復が進むのを祈るばかりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ