【J1採点&寸評】神戸2-1磐田|イニエスタが極上の輝き!ポドルスキや新加入FWも躍動

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2018年08月11日

神戸――イニエスタのプレーはまさに“魔術”のようだった

【警告】神戸=古橋(25分)、藤田(90+2分)、キム・スンギュ(90+3分) 磐田=高橋(59分)、松浦(77分)
【退場】神戸=なし 磐田=なし
【MAN OF THE MATCH】アンドレス・イニエスタ(神戸)

画像を見る

[J1リーグ21節]神戸2-1磐田/8月11日/ノエビアスタジアム神戸
 
【チーム採点・寸評】
神戸 7
イニエスタを中心としたハイレベルなパスサッカーを展開。パスが乱れる場面も時折見られたが、テンポよく磐田の守備陣を崩していく攻撃は痛快だった。

【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 6.5
34分に大久保のヘディングシュートを、後半には田口と山田の強烈ミドルをストップ。PKこそ決められたものの、チームが崩れなかったのは、この守護神によるところが大きい。
 
DF
3 渡部博文 6.5
川又とのエアバトルはほとんど負けなし。ロングカウンターをことごとく撥ね返し、相手の勢いを削いでいた。
 
24 三原雅俊 6
存在感は薄かったものの、攻撃的なポドルスキの動きに合わせて、下がり目のポジショニングを取る。サイドを突破されることはほとんどなく、安定していた。
 
25 大﨑玲央 6
32分には豪快なドリブルで持ち上がり、56分には巧みなタッチで決定機を演出。大久保と川又の2トップにも自由を許さず、攻守に働いた。
 
30 ティーラトン 7
陰の功労者と言える。素早い寄せでピンチの芽を摘めば、豪快なオーバーラップで左サイドを駆け上がり、攻守に大きく貢献した。
MF
8 アンドレス・イニエスタ 7.5 MAN OF THE MATCH
まさに魔術でも見せられているかのようだった。特に16分の先制ゴールはワールドクラス。一瞬の抜け出し、絶妙なターン、GKをかわした軽やかなドリブルと、スーパーな技術が凝縮されていた。83分のPK献上の悪印象などかき消す、別次元のパフォーマンスだった。
 
14 藤田直之 6
郷家とイニエスタの1列後ろでバランスを取りながら、ビルドアップ時にはテンポよくパスを捌いた。派手な仕事はなくとも、その貢献度は小さくなかった。

27 郷家友太 6(90+1分OUT)
厳しいチャージに遭い細かなパスのズレも見られたが、イニエスタとポドルスキのふたりに導かれるように、持ち前の攻撃性能を発揮。度々チャンスを演出した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ