【U-18プレミアリーグ】7節ピックアップ・ゲーム|[WEST]名古屋U18 対 東福岡

カテゴリ:高校・ユース・その他

平野貴也

2014年07月07日

絶好調の要因は、「積極的かつ粘り強い守備」。

 名古屋U18の守備が試合のペースを変えた。立ち上がりはプレスがかからず、東福岡にサイドを攻略されたものの、名古屋は高田哲也監督の「右は相手のSBが中央寄りで(相手選手間の距離が短くて)プレスをかけにくいようだったので、左からかけさせた」という指示ですぐに修正。連動した守備で次々にボールを奪い、リズムを掴んだ。
 
【U-18プレミアphoto】7節[WEST名古屋U18 東福岡
 
 31分、右からのクロスで東福岡のハンドを誘い、「雨が降った後なので、低くて速いボールを蹴った」という名古屋の青山景昌が、壁で塞がれているニアサイドへFKを蹴り込むと、相手に当たって先制点となった。
 
 後半に入ると、名古屋は左からの攻撃が特に目立つようになり、75分にその左の崩しから川崎健太郎が中央へ流し、青山が身体を開きながらも右足で触って追加点をもぎ取った。

75分の追加点を含む2ゴールに絡んだ名古屋U18の青山。現在得点ランク2位につける。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 東福岡はユース世代注目株のMF中島賢星を中心に攻撃を組み立てたが、全体としてはやや単調。それでも87分、左SB末永のフィードに走り込んだ中島がワンタッチで折り返し、中村が押し込んで1点を返した。しかし、反撃もここまで。名古屋がリードを守り切り、4連勝を飾った。
 
 今季はタレント豊富な攻撃陣と、積極的かつ粘りのある守備が持ち味。エースの桜井昴、点取り屋の青山が揃って「好調の要因は守備」と即答する名古屋は、7戦無敗と絶好調だ。
 
取材・文:平野貴也(フリーライター)
 
高円宮杯U-18プレミアリーグ
WEST
名古屋U18(19) 2-1 東福岡(12)
京都橘(0) 1-6 G大阪ユース(13)
C大阪U-18(18) 2-0 富山一(2)
神戸U-18(8) 3-4 京都U-18(7)
東山(5) 1-4 広島ユース(16)
EAST
市立船橋(9) 1-1 柏U-18(14)
JFAアカデミー福島(6) 2-2 鹿島ユース(7)
札幌U-18(7) 4-2 流経大柏(11)
東京Vユース(10) 2-1 青森山田(5)
三菱養和SCユース(8) 2-4 清水ユース(18)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ