【U-18プレミアリーグ】3節ピックアップ・ゲーム[WEST]名古屋U18 対 神戸U-18

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2014年04月28日

スコアレスドローに終わるも、互いに攻め合った首位攻防戦。

 試合後、両指揮官が異口同音に語った。
 
「勝ち試合でもあったけど、負け試合でもあった」
 
 双方が何度も決定機を作り出し、見せ場に溢れた好ゲームは結局、両GKのファインセーブやシュートミスによってゴールは生まれず、スコアレスドローに終わった。
 
 ともに2連勝中の無敗対決となった名古屋U18(以下、名古屋)と神戸U-18(以下、神戸)。名古屋はドリブラーのFW森晃太と、MF笹沼孔明を怪我で欠き、神戸もFW藤本裕豪と南島彰人のふたりのキーマンを怪我で欠く状況だった。
 
 最初に主導権を握ったのは神戸だった。「グラウンド状況も良くなかったので、対角のパスを狙った」と野田知監督が語ったように、MF中坂勇哉、中井英人を中心に主に右サイドで攻撃を組み立ててから、左ワイドの米澤令衣へ一気にサイドチェンジを送り込んでチャンスを作り出す。
 
 だが、18分、27分と米澤がゴールに迫るも、これは名古屋GKの小島亨介がファインセーブでストップ。前半を0-0で折り返す。
 
 迎えた後半、46分と57分にまたもや小島が立て続けにビッグセーブで神戸のシュートを防ぐと、ここから試合は一変し、名古屋の猛攻が始まる。
 
 FW青山景昌とMF桜井昴のふたりを中心に、高い位置でのパス交換が活発になり、名古屋アタッカー陣のシュートが神戸ゴールを襲う。67分には青山がシュートを放つも、これは神戸GKの吉川健太が好セーブ。70分には澤居のシュートがポストを叩き、さらに82分、加藤がGKとの1対1からループシュートを放つが、ゴールバーを越えていった。
 
 逆に神戸も87分には米澤がGKと完全な1対1になるが、シュートはまたもGK小島の好守に阻まれた。
 
「(GKの)小島さまさまだった。それでも無失点で抑え切ったのは評価できる」と名古屋の髙田哲也監督が語れば、神戸の野田監督も「負けなかったことは評価できる」。
 
 ともに無敗をキープし、それぞれが勝点1を得る妥当な結果となった。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)
 
【3節の結果】
[EAST]
青森山田 2-2 市立船橋
鹿島ユース 2-0 三菱養和SCユース
札幌U-18 1-0 JFAアカデミー福島
柏U-18 0-1 流経大柏
清水ユース 3-0 東京Vユース

[WEST]
富山一 3-3 東山
広島ユース 3-2 京都橘
東福岡 0-3 G大阪ユース
京都U-18 1-4 C大阪U-18
 

U-18プレミアPhoto】3節[WEST]名古屋U18 対 神戸U18

【関連記事】
【U-18プレミアリーグ】2節ピックアップ・ゲーム[EAST]東京Vユース 対 市立船橋
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|東京Vユース編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|市立船橋編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|青森山田編
【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|流経大柏編
【U-18プレミアリーグ】1節ピックアップ・ゲーム[EAST]流経大柏 対 青森山田

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ