兼任監督誕生には「チャンスと思うしかない」東京五輪世代の仙台・板倉滉が早期のA代表入りを望むワケ

カテゴリ:日本代表

竹中玲央奈

2018年08月03日

「試合に出ていても一番目立たないと、その先はなくなると思う」

仙台では3バックの一角、もしくはボランチで起用される板倉。移籍によって大きな飛躍を遂げようとしている。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ19節]仙台1-2名古屋/8月1日/ユアスタ
 
「もっとできているところを見せたかったんですけど、今日のプレーだったら風間さんもがっかりしたと思うので。またどこかで見てもらえたら良いなと」
 
 名古屋にとって16試合ぶりの勝利を献上してしまった仙台の6番・板倉滉は試合後にこう口にした。この日の対戦相手を率いたのは、自身の川崎時代におけるプロデビュー時の指揮官である風間八宏監督である。自身の成長に一役買ったかつての恩師を前に更に進歩したその姿を見せつけるために、得点も狙っていたようだが、それは叶わず、80分でピッチを退いた。
 
 この試合については2失点目にも絡んでしまい、板倉本人としても反省点は大きいようだった。ただ、プロ入り4年目で初めて生まれ育ったクラブである川崎を離れて修行先に選んだ仙台の地で、彼は間違いなく成長をしている。
 
「こうやって試合に出してもらえているし、その中で自分ができることはまだまだ足らないなと思っているし、(試合に)出て分かることもある。そこは仙台に来て思いました。フロンターレとまた違ったサッカーでもあるので、自分のためにもなっているなと。試合に出てまだまだと感じられるのも1つだし、どうにかもっと個人的にもレベルアップしなければいけないなと」
 
 緻密な戦術を持つ仙台では、ボランチと3バックの一角から高精度のフィードとドリブルでの
持ち運びでチャンスを創造できる唯一無二の存在として地位を確立。だいぶ昔の話ではあるが、FW時代に培ったゴール前での嗅覚もある。186センチの長身で競り合いに自信を持ち、“止めて蹴る”の基礎技術も高い。そして軽い身のこなしで相手のプレスを剥がすこともできる、かなり希少価値の高い存在だ。
 
 しかし、そのすべてが毎試合うまくいくことは無いし、当然だが試合に出続けていればほころびも生まれる。川崎時代は主力で無かったため、ひとつ際立つプレーをすれば周囲の評価は簡単に上がった。それはベースの期待値が低かったから、である。しかし今の仙台において彼は重要な主力選手の1人であり、先述したようなプレーをコンスタントに出すことを期待されている。それは心得ているようで、だからこそ自己に対する評価も厳しい。
 
「試合に出るのが当たり前くらいにならないといけないと思うし、今日みたいに交代させられては絶対に駄目。試合に出ていても一番目立たないと、その先はなくなると思うので。そこはすごく意識しています。持ち味である攻撃参加もデュエルで負けないところも。そこをしっかりやらないといけないなと思う」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ