森保新監督の御前試合で仙台のリオ世代が躍動!! セレッソ丸橋は高精度の左足で2ゴール!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月28日

試合は白熱の攻防の末に、丸橋のAT弾で2-2ドロー決着!!

仙台の西村が森保新監督の前で大きなアピールを見せた。写真:早草紀子

画像を見る

 日本代表、森保新監督の御前試合となったベガルタ仙台とセレッソ大阪の一戦は、白熱の点の取り合いの末に、2対2のドロー決着となった。

 まず輝きを放ったのは、アウェー・C大阪の丸橋祐介の左足だった。11分、敵陣中央からのセットプレーで丸橋がゴール前に精度の高いクロスを入れると、これを山村和也の頭をかすめて、そのままゴール。C大阪が先制した。

 一方の仙台はリオ五輪世代のふたりが躍動。30分、左サイドからドリブルで持ち込んだ中野嘉大からのクロスに、ゴール前に走り込んだ西村拓真が難しい態勢ながらゴールに押し込んだ。仙台が21歳のストライカー、西村の同点弾で追いつき、前半を終了する。

 後半も互いにチャンスを作り出し、白熱の攻防を見せる。そして均衡が破れたのは終盤の84分、CKからの流れで永戸勝也が精度の高いクロスボールを放り込む。これが飛び込んだ蜂須賀孝治の頭にドンピシャで合い、豪快にネットを揺らす。仙台が勝ち越しに成功する。

 試合はこのまま仙台が逃げ切るかと思われたが、アディショナルタイムの4分過ぎ、C大阪はGKキム・ジンヒョンのロングフィードからゴール前に押し込むと、最後はボールを受けた丸橋が鮮やかなターンから、左足を振り抜く。シュートは、相手DFの足に当たりながらも、ゴールに吸い込まれた。C大阪が土壇場で同点に追いつく。

 試合は、このまま2対2で終了。仙台が勝点2を取りこぼし、C大阪はなんとか敗戦を免れる“痛み分け”に終わった。日本代表監督の前で、ホームの仙台は21歳の西村、25歳の中野、23歳の永戸ら、リオ五輪世代の若い選手たちが躍動。一方のC大阪は、杉本健勇、高木俊幸ら前線の選手が不発。左SBの丸橋の左足が際立った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ