【W杯でのPK戦を写真とデータで振り返る】息詰まる11メートルの戦い

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年07月06日

さまざまなドラマを生み出した25回の「究極の対決」。

11メートルの心理戦。かつては「決まって当たり前」というPK戦は、現在ではGKの技術向上などで、キッカーにとってはより心理的に厳しい戦いとなった。ちなみに25戦中、16戦で先攻のチームが勝利している。 (C) Getty Images

画像を見る

アメリカでは、80年代前半まで存在したNASL(北米リーグ)や初期のMLSで、ドリブルしながらGKと対決する「シュートアウト」という独自の方式が採用されていた。 (C) Getty Images

画像を見る

 両チーム5人ずつが11メートルの距離でGKと対決するPK戦が、ワールドカップ本大会で初めて実施されたのは1982年スペイン大会だ。予選では、78年のアルゼンチン大会が初めてで、アフリカ予選のチュニジア対モロッコ戦で行なわれ、チュニジアがそれを制して2次ラウンドに駒を進めている。
 
 PK戦とは、あくまでも次ラウンドへ進むチームを決める手段であり、記録上は引き分けとなる。120分の激闘(凡戦もあるが)の末に行なわれ、それまでの流れに関係なく2チームの明暗が分かれることから、「理不尽」「残酷」といった言葉で形容される、いまだ賛否両論の決着方法だ。
 
 かつては決着がつくまで延長戦を繰り返したり、再試合が組まれたりしたが、現在では日程的にも選手の体力的にもそれは不可能だ。かといって、以前に採用されていた抽選での決着では、ただ時の運に頼るだけであり、スポーツらしくない。そういう意味では、PK戦はベストではないかもしれないが、現時点では妥当な手段だと言えるだろう。
 
 さてワールドカップ本大会でのPK戦は、前述した82年スペイン大会の準決勝、西ドイツ対フランス戦から、今大会の準決勝まで、計26回が行なわれた。さまざまなドラマを生み出した11メートルの戦いの全てを、ここではデータと写真で振り返ってみよう。
 
【写真で振り返る】ワールドカップの全PK戦
 

◆1982年スペイン大会
 
準決勝:西ドイツ 3(5PK4)3 フランス
先攻:フ=ジレス○、アモロ○、ロシュト○、シス×、プラティニ○、ボッシ×
後攻:ド=カルツ○、ブライトナー○、シュティーリケ×、リトバルスキー○、ルムメニゲ○、ルベッシュ○
GK:フ=エトリ ド=シューマッハー
 
◆1986年メキシコ大会
 
準々決勝:フランス 1(4PK3)1 ブラジル
先攻:ブ=ソクラテス×、アレモン○、ジーコ○、ブランコ○、ジュリオ・セザール×
後攻:フ=ストピラ○、アモロ○、ベローヌ○、プラティニ×、フェルナンデス
GK:ブ=カルロス フ=バツ
 
準々決勝:西ドイツ 0(4PK1)0 メキシコ
先攻:西=アロフス○、ブレーメ○、マテウス○、リトバルスキー○
後攻:メ=ネグレテ○、キラルテ×、セルビン×
GK:西=シューマッハー メ=ラリオス
 
準々決勝:ベルギー 1(5PK4)1 スペイン
先攻:ス=セニョール○、エロイ×、チェンド○、ブトラゲーニョ○、ムニョス○
後攻:ベ=クラエセン○、シーフォ○、ブロース○、ヴェルヴォールト○、L・ヴァン・デル・エルスト○
GK:ス=スビサレータ ベ=プファフ
 
 
◆1990年イタリア大会
 
決勝トーナメント1回戦:アイルランド 0(5PK4)0 ルーマニア
先攻:ア=シーディー○、ホートン○、タウンゼント○、カスカリーノ○、オレアリー○
後攻:ル=ハジ○、ルプ○、ロタリウ○、ルペスク○、ティモフテ×
GK:ア=ボナー ル=ルング
 
準々決勝:アルゼンチン 0(3PK2)0 ユーゴスラビア
先攻:ア=セリスエラ○、ブルチャガ○、マラドーナ×、トログリオ×、デソッティ○
後攻:ユ=ストイコビッチ×、プロシネツキ○、サビチェビッチ○、ブルノビッチ×、ハジベギッチ×
GK:ア=ゴイコチェア ユ=イブコビッチ
 
準決勝:アルゼンチン 1(4PK3)1 イタリア
先攻:イ=バレージ○、バッジョ○、デ・アゴスティーニ○、ドナドーニ×、セレーナ×
後攻:ア=セリスエラ○、ブルチャガ○、オラルティコエチェア○、マラドーナ○
GK:イ=ゼンガ ア=ゴイコチェア
 
準決勝:西ドイツ 1(4PK3)1 イングランド
先攻:イ=リネカー○、ベアズリー○、プラット○、ピアース×、ワドル×
後攻:西=ブレーメ○、マテウス○、リードレ○、トーン○
GK:イ=シルトン 西=イルクナー

ワールドカップ史上初のPK戦が行なわれた82年大会準決勝の西ドイツ対フランス戦。ここから現在に至るまで、ドイツはPK戦で3戦全勝である。写真はハラルド・シューマッハーがマキシム・ボッシを止めた場面。 (C) Getty Images

画像を見る

PK戦ではないが、86年メキシコ大会準々決勝のフランス対ブラジル戦では、決めれば時間的に見てほぼ勝利確定のPKをジーコが蹴るも、GKジョエル・バツに止められる。この大会のハイライトシーンともいわれるプレーを経て、ワールドカップ史上に残る激戦はPK戦にもつれ込んでいった。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
オランダ 0(PK4-3)0 コスタリカ|美しく散ったコスタリカ、躍進に終止符
【移籍市場超速報|W杯版】コスタリカ代表の守護神ナバスがバイエルンへ
コスタリカ 1(PK5-3)1 ギリシャ|コスタリカが凱歌、初のベスト8へ
W杯 ブラジルが薄氷のベスト8進出 PK戦の末にチリを振り切る
【W杯 今日は何の日?】7月3日「夏の終わりを告げた開催国の終戦」
【W杯 今日は何の日?】7月2日「卑劣な行為か、勝利への執念か!?」
【W杯 今日は何の日?】6月30日「10人の獅子とひとりの“愚か者”」
【日本代表W杯の軌跡】最後まで貫かれた攻めの姿勢|2010年南アフリカ大会・パラグアイ戦

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ