西野ジャパンがロシアW杯で躍進できた“3つの理由”

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年07月06日

苦手意識を打ち破った意味でも

日本はコロンビア戦の勝利で勢いに乗った。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3と逆転負けを喫し、日本サッカー史上初のベスト8入りは逃した。しかし、3戦全敗もあり得ると言われた戦前の予想を覆すロシア・ワールドカップでの快進撃はポジティブにも映ったはずだ。
 
 グループリーグ突破の要因のひとつは、コロンビア戦での勝利だ。ワールドカップでの初戦白星という自信が勢いとなって、自然とチームがまとまった印象もあるからだ。
 それにしても、コロンビア戦はなんとも奇妙な試合だった。まさか前半3分に香川真司のシュートを阻止したカルロス・サンチェスがハンドで一発退場、しかもPKまで獲得できるなんて……。ツキが味方したとしか言い表せない。
 
 その直前に大迫勇也がGKとの1対1を決めていれば、コロンビアに退場者は出なかったのだ。それが結果的に大迫の決定機逸で香川にシュートチャンスが巡って来て、退場とPKというふたつの幸運が一気に転がり込んできたのである。
 
 そして、その幸運をしっかりと結果に結び付けた点は評価されるべきだ。一旦は1-1と追いつかれながらも、西野朗監督の「これは勝たなければいけないゲーム」という檄に応えて大迫の決勝ゴールで勝ち越した勝負強さは称賛に値した。
 
 10人のコロンビアと言えど、難敵である。そういう相手から勝点3を奪ったのだから、自信になるのは当然だ。
 
 前回大会まで南米勢との相性は最悪で、1分3敗と未勝利だった。その苦手意識を打ち破った意味でも、コロンビア戦の白星は相当な価値があった。
 
 ちなみに、ロシア・ワールドカップで初戦白星は、ロシア、ウルグアイ、イラン、フランス、デンマーク、クロアチア、セルビア、メキシコ、スウェーデン、ベルギー、イングランド、日本、セネガルの13か国。そのうち10チームが決勝トーナメントに進んでいるわけだから、やはり初戦での勝点3獲得は極めて重要なのである。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ