【セルジオ越後】ロシアW杯で勝てたのは“運”が味方したコロンビア戦のみ…1勝1分2敗の結果は誇れない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年07月05日

今大会での収穫は少ない

ベルギーに敗れ、ベスト16で敗退した日本。悲願のベスト8進出はならなかった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ベルギーに2-3で敗れ、日本のロシアでの戦いはベスト16で幕を閉じた。本大会の約2か月前に指揮官が交代し、混迷を極めていただけに、グループリーグを突破できただけで御の字なのかもしれない。それほど下馬評は低かったからね。国内では「感動をありがとう」という声も聞こえてくるほどだ。
 
 だけど4戦して1勝1分2敗と、決して褒められた成績ではない。唯一の白星は初戦のコロンビア戦で、試合開始数分でPKを獲得し、数的優位にも立つ“運”が味方したからこそ勝てた。なかには「運も実力」「最善の準備をしたからこそ流れを引き寄せられた」という意見もあるかもしれない。ただ結局は追い風が吹かないと苦しいという事実は、その後の3戦で1勝もできなかったことで証明されている。
 
 第2戦のセネガル戦では2度のビハインドを追いつき、ベルギー戦では一時、2点のリードを得た。でも、勝点3につながらなかった。悲しいかなそれが今の日本の実力ということだ。
 
 最終的に悲願のベスト8進出も叶わなかった。大会後には長谷部らが代表引退を表明ししたように、今後はベテラン選手が一気に抜ける可能性がある。西野ジャパンは、ワールドカップに出場したこれまでの日本代表のなかで最も平均年齢が高く、ベテランの力に頼っていた。それでも新たな歴史は刻めなかった。加えて大島や遠藤らリオ五輪世代を一度もピッチに立たせず、将来への布石を打てたわけでもない。そう考えると収穫はあまりにも少ない。
 
 今後は世代交代が必須だが、大幅な選手の入れ替えはチーム力の低下につながる。それは他国の例を取っても明らかだ。要するに日本は目先の結果を優先してロシア大会に臨んだが、目標のベスト8進出は果たせず、なおかつ若手に経験を与えることもできなかった。「よく健闘した」という言葉では片づけられない厳しい状況なわけだ。
 
 周囲では監督交代という大きなギャンブルに勝ったという声もあるが、4年後を視野に入れれば、僕はそうは思えない。果たしてロシアでの戦いが日本サッカーの未来にどんな好影響を与えるのか。
 
【関連記事】
【ロシアW杯総括】ひと言で言えばドラマチック。日本は最高のエンターテインメントを提供した
「過去最強のベストチームだった」英誌・熟練記者が日本代表の熱闘に感動!【ロシアW杯】
「歴史を塗り替えた!」「戦士が悪魔を葬った」PK戦初勝利のイングランドに英メディアが歓喜!【ロシアW杯】
【緊急提言】西野監督を続投させるべきか?
【日本2-3ベルギー|採点&寸評】最後の最後でカウンターを許したのは痛恨。ただ、乾のゴールは今大会のハイライトのひとつだ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ