【日本2-3ベルギー|採点&寸評】最後の最後でカウンターを許したのは痛恨。ただ、乾のゴールは今大会のハイライトのひとつだ

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年07月03日

吉田は慎重かつ大胆に良い守りをしていた

【警告】日本=柴崎(40分) ベルギー=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】シャドリ(ベルギー)

画像を見る

[ロシアW杯決勝トーナメント1回戦] 日本2-3ベルギー/7月2日/ロストフ・アレーナ(ロストフ)
 
【日本代表・総評】
5.5
前半途中から防戦一方。中盤でのパスミスが目立ち、ベルギーのペナルティエリア内に侵入する回数は限られた。後半に原口と乾のゴールで一時は2-0とリードしたが、まさかの逆転負けを喫した。最後の最後でカウンターを許したのは痛恨だった。
 
 
【選手採点・寸評】
GK
1 川島永嗣 5
25分にアザールのミドルをナイスパンチング。ただ、自身のパンチングミスから結果的にヴェルトンゲンのゴールを招いた。84分のビッグセーブも、どちらかと言えば不安定だった。
 
DF
3 昌子 源 6
ルカクとのマッチアップでは心身ともにタフな戦いを強いられた。後半に入っても身体を張って奮闘していただけに、悔しい敗戦。
 
5 長友佑都 6
21分にルカクのシュートを阻止。42分のヘッドでのクリアも落ち着ており、後半も走りに走って最後まで戦い抜いた。
 
19 酒井宏樹 6
5分のスライディングタックルは見事。1対1の局面でもあっさり抜かれることはなかった。個のパフォーマンスは決して悪くなかった。
 
22 吉田麻也 6
エリア内で慎重に、エリア外で大胆にアタックするなど強弱をつけたディフェンスが目を引いた。25分のクリア、69分のシュートブロックもグッドだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ