金田喜稔がポーランド戦を斬る!「ラスト10分の戦い方はなんだったのか…恥ずかしくて怒りがこみ上げてきた」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

先発6人の入れ替えは驚いた

コロンビア戦とセネガル戦から6人を入れ替えた日本。今大会初出場となる武藤、槙野らを起用した。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 まずポーランド戦のスタメンを見て、驚いた。1勝1分だったコロンビア戦とセネガル戦の先発から6人も入れ替えるとは……。西野監督は思い切った策に出たね。
 
 確かに決勝トーナメント以降のゲームを見据えた時、体力の消耗が激しかった原口や乾らを休ませる必要はあったはずだ。ただ、グループリーグの最終戦はなにが起こるか分からない。ドイツが韓国に敗れるなど、他グループでは“まさか”が起きていた。
 
 それに日本はどんなメンバーでも同じ力を発揮できるほど成熟したチームではないし、グループリーグ突破が確実だったわけでもない。
 
 さらに言えば、ベスト16ではイングランドかベルギーと対戦するが、1位突破した場合、その先でブラジル、アルゼンチン、ポルトガルらとの対戦が避けられた。ポーランドに勝って1位通過する意味はあったんだ。
 
 だからこそ、メンバーを代えたとしても、せめてふたりまでだったのではないか。現にポーランド戦はチームとして機能しなかった。
 
 それでも引き分けでも決勝トーナメントに進めただけに、中盤に本来はDFの酒井高を起用し、フレッシュな武藤、岡崎の2トップで前線からプレスをかける戦い方は理にも適っていた。内容は良くなかったとはいえ、前半を0-0で終えられたのはプラン通りだったはずだ。後半から大迫、乾、本田、香川の中から3人を投入して、勝負に出る狙いも見て取れた。
 
 実際に西野監督も岡崎の負傷、先制点を奪われるアクシデントはあったにせよ、大迫、乾と立て続けに攻撃のカードを切った。ここまでは予想の範囲内だった。しかし、だ。

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ