「本意ではない」のに、なぜ西野朗監督は“敗戦”を選択したのか?【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「勝ち上がるための戦略的なところなので」

西野監督がポーランド戦のゲームプランに口を開いた。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのグループH最終戦、日本はポーランドに0-1で敗れた。
 
 日本は60分、FKからポーランドのベドナレクにゴールを許す。しかし74分、同グループのもう一方のカードで、コロンビアがセネガルからリードを奪う。すると、日本は敗れてもフェアプレーポイントの差でセネガルを上回ってグループ突破が決まることで、攻めに出ないまま時間を稼ぎ、そのまま0-1でタイムアップとなった。
 
 一方のセネガル対コロンビアも0-1のままスコアは動かず。この結果、日本の決勝トーナメント進出が決定。試合後、敗れながらもグループリーグ突破を決め、西野朗監督が口を開いた。
 
「チームとしては本意ではないです。勝ち上がるための戦略的なところなので。選手も本意ではないと思うんですけど、こういう形もやはり成長していくなかでのひとつ」
 あくまでも、指揮官は決勝トーナメント進出を優先したようだ。そのため、ゲームのポイントも次のように語る。
 
「ポイントは他会場の流れもありますし、多様性が常に問われるゲームだったと思います。ベンチワーク、ピッチの上の選手たちの対応は難しかったと思います」
 
 試合前からのゲームプランを遂行し、次戦へ駒を進めた日本。西野監督は「これからはまた強いチャレンジャーとして入っていきたい」と決勝トーナメントへ強い意気込みを示した。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ