JとF、どっちが強い!? 湘南がサッカーとフットサルのガチンコ対決を企画。勝負の行方は?

カテゴリ:Jリーグ

佐々木裕介

2018年05月27日

結果は、3回目にして初めてサッカーチームがPK戦の末に勝利!

試合前に行なわれた両チームによる記念撮影。1300人以上のファンがアリーナに集結した。写真:佐々木裕介

画像を見る

『Jリーガー×Fリーガー ガチンコ・フットサル対決』

 そんなフットボールファンの心をくすぐる誘い文句にいざなわれ、去る5月20日、『湘南ベルマーレフットボールフェスタ2018』が開催された平塚まで足を伸ばした。

“JとF、どっちが強いの?!”というファンが抱く普遍的テーマに、共にチームを持つ湘南が応えようという驚愕の企画である。サッカーとフットサル、似て非なる競技の選手たちを一方の土俵で競わせてしまうという、お互いの面子が潰れかねない企画を実現してしまうのだから、湘南ベルマーレというクラブの懐深さを強く感じた。

 試合の前々日には、湘南ベルマーレビーチサッカーの公式フェイスブックに『いつかビーチサッカーも加わって三つ巴の戦いに!!』とコメントがアップされた。実に夢がある“フットボールクラブ”である。

 馬入の河川敷を半袖で過ごすにはやや肌寒かった試合当日、相模川に隣接するアリーナへ集まった観衆は1,312人。実は今回が3回目の開催となる。10年には14対5、13年には10対2、フットサルクラブが面子を保って連勝中だった。しかし今回、5対5のドローからのPK戦でサッカーチームが初めて勝ってしまったものだから、フットサルクラブの面々は心中穏やかではないだろう。反対に、集まったファンは大盛り上がりを見せたことは言うまでもなかった。

 試合後の囲み取材、フットサルクラブの奥村敬人監督が言う。
「単純に相手が強かったです。土俵的にはフットサルが勝たなければいけない中で僕らは本気で勝ちにいった。フットサル練習もしていないのに普通に通用してしまうんだと思わざるを得ない結果に、自らのゲームコントロールの部分で腹が立っています。しかしこういったイベントは今後もやっていきたい」
 
 また現役のフットサル日本代表FP、小門勇太が続く。
「うーん、正直、どういう感じでやって良いのか、全体としてフワーンとした空気はあった。相手の勢いや、ホームなのにアウェーのような空気感に呑まれてしまったのかなと。相手が凄くアグレッシブで、1対1の局面でも負けてしまった場面もあった。残念です」

 シャワー後のインタビューにも拘らず汗が止まらない小門。内に秘めた悔しさから冷めていなかったのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ