【日本代表|フォーメーション付き】公開練習で3バックをテスト。本田のポジションは…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年05月26日

3バックのシステムを用いてシュート練習

本田はミニゲームなどで主にシャドーで試されていた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年5月26日、日本代表が千葉県内で公開練習を行なった。この日は実戦を想定して3バックでのトレーニングを実施。5月20日の名古屋戦で頭を強打したGKの中村、右足を痛めている乾は別メニューだったが、コンディションが不安視されている岡崎は途中まで全体練習をこなしていた。
 
 その岡崎も参加した3バックシステムを用いた10人一組の練習は、ビブスなし、ビブス組に分かれて行なわれた。サイドからの崩しを意識したそのメニューでのスタート時のメンバーは以下の通り(練習で使われたシステムのメインは3-4-2-1)。
 
 ビブスなし組は、3バックが右から吉田、長谷部、槙野、2ボランチが柴崎、山口、右ウイングバックが原口、左ウイングバックが長友。2シャドーの右は本田で、左は宇佐美、そしてCFは大迫(岡崎)だった。
 
 ビブス組は、3バックが右から植田、遠藤、昌子、2ボランチが右から井手口(三竿)、大島、右ウイングバックが酒井宏で、左ウイングバックが酒井高。2シャドーの右が浅野で、左が香川、CFは武藤だった。

 カッコ扱いにした岡崎と三竿は、前者が大迫と、後者が井手口と代わりながら練習に参加していた。

 そのあとの11対11のミニゲームは岡崎と三竿が外れ(岡崎はここから別メニュー)、ビブスなし組のフィールドプレーヤーが大迫、本田、宇佐美、原口、柴崎、山口、長友、吉田、長谷部、槙野、ビブス組のそれが武藤、浅野、香川、酒井宏、井手口、大島、酒井高、植田、遠藤、昌子という面子で行なわれた。

10人一組のシュート練習でのビブスなし組の布陣。

画像を見る

10人一組のシュート練習でのビブス組の布陣。

画像を見る

 カッコ扱いにした岡崎と三竿は順番によって、前者は大迫の、後者は井手口に代わって練習に参加していた。

 そのあとの11対11のミニゲームは岡崎と三竿が外れ、ビブスなし組のフィールドプレーヤーが大迫、本田、宇佐美、原口、柴崎、山口、長友、吉田、長谷部、槙野、ビブス組のそれが武藤、浅野、香川、酒井宏、井手口、大島、酒井高、植田、遠藤、昌子という面子で行なわれた。
【関連記事】
【日本代表/W杯23枠のサバイバル】サプライズがあるとすれば、あのMFの落選か
【西野ジャパンの最新序列】激戦区はシャドー。本田と香川の共存はない?
【セルジオ越後】結局、ハリルの見立ては正しかった?“西野シェフ”の腕の見せどころだ
【日本代表】「なぜ来たのかな」山口蛍がイニエスタ加入に複雑な心境
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
【ガーナ戦のスタメン予想】本田、香川、岡崎の同時起用がしっくりくるシステムは?
34歳イニエスタの推定市場価格はおいくら? 世界で何位? Jリーグではダントツの1位!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ