【セルジオ越後】イニエスタは苦労するかもね。ヴィッセルにメッシはいないから

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年05月24日

正直、ヴィッセルで躍動する姿がイメージできない

世界的な名声を誇るイニエスタは、国際的な市場も視野に入れているはずの楽天にとっては大きな補強だよね。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 元バルサのイニエスタの神戸加入が正式に発表されたね。3年契約で年俸は約32億円と言われるビッグディールのようだけど、楽天がバルサとのグローバルパートナーシップ契約で支払ったとされる約320億円と比べたら、大した投資額ではないんじゃないかな。
 
 サッカー好きの日本人は別として、イニエスタの知名度は日本全体で見ればそうでもない。逆に世界的には、かなりネームバリューのある選手だ。
 
 そう考えると、グローバルな展開をさらに強化したいはずの楽天としては、イニエスタ獲得はそれなりの宣伝効果が見込めるだろう。今回の移籍を海外メディアがどれほど大きく取り上げているかは気になるところだ。
 
 一方で、実際のピッチ上ではどうか。違和感を覚えたのは、都内で行なわれた記者会見で、登壇したのはイニエスタとオーナーの三木谷氏だったことだ。
 
 新戦力を迎え入れるセレモニーでは、社長もしくは監督が同席するのが一般的だと思うけど、そうではなかったよね。クラブとしての将来的なプロジェクトは語られた一方で、「タイトルを獲りたい」とか「ACLで優勝を目指す」といった具体的な目標が示されなかったのは少し寂しかった。

 そもそも、イニエスタのプレースタイルは、今のヴィッセルに合うのか。クラブとしてパスサッカーに移行しているようだけど、まだまだ試行錯誤中だ。ヴィッセルで躍動する姿がなかなかイメージできないのが正直なところだよ。
 
 まあ、あれだけのキャリアを持つスタープレーヤーだから、大きな期待をかけられているのは間違いない。

まさにセレブの極み! ルーニーがワシントンで済むかもしれない豪邸を大公開!
【関連記事】
【日本代表】「なぜ来たのかな」山口蛍がイニエスタ加入に複雑な心境
「あの中国を蹴った!」「ミキタニの手腕がスゴイ」イニエスタの神戸入団を海外メディアも大々的に報道!
イニエスタの神戸入りに韓国メディアも早速反応「隣国が羨ましい限り」「これからは日本に流れが来る」
イニエスタ加入で神戸はどうなる? システム&起用法は?ポドルスキとの共存は?
【セルジオ越後】コーチに森保? 表情が冴えない西野新監督はひとりで戦うのが不安なのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ