【横浜】前に出るか、後ろに下がるか――“二刀流”天野純の欲張りなジレンマ

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年03月29日

自分より前に味方を置き、テンポ良くパスを捌く

ポステコグルー新体制の下でも、中盤の不可欠なレギュラーとして奮闘。チームの命運を握る存在と言ってもいい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 前半の途中、自らの判断でポジションを変えた。
 
 4節・浦和戦、横浜のスターティングポジションは4-3-3。中盤の形は正三角形で、トップ下に収まっていた天野純は、「そっちのほうがうまく守備がハマる」と、ひとつ落ちて扇原貴宏とともに2ボランチを組む。代わりにボランチのダビド・バブンスキーがトップ下を務めた。
 
 ミドルゾーンの攻防で優位に立つため、まずは守備の安定を考えた。ボランチに入ったのは、「ダビは攻撃的な選手で、より前にいたほうが違いを作れる。しかも彼は守備でけっこう力を使っていたし、だったら俺のほうが守備は慣れているから、後ろからダビを活かしたほうがいいと思った」のが理由だ。
 
 天野が一列下がることで、中盤の守備の強度は確かに上がった。扇原とともに浦和の柏木陽介や長澤和輝をしっかりと監視し、自由に攻め込ませなかった。
 
 それよりも効果的だったのは、天野の周囲へのサポートだ。例えば、SBのやや斜め後ろにポジションを取り、ボールを出し入れしながら、機を見て逆サイドに展開する。自分より前に味方を置き、テンポ良くパスを捌く。より出し手に専念する献身的なプレーは、チームのポゼッションを確実に高めていた。
 
 ある意味、黒子に徹したその仕事ぶりについて、天野自身は「やってみて功を奏したというか、そこまで考えていなかったですね(笑)」と笑顔を見せる。「でもまあ、後ろに構えながら攻撃を操れた感じはあったし、リズムは作れた」と手応えも口にした。


【PHOTO】横浜を彩る美女チアリーダー『トリコロールマーメイズ』!

【浦和 0-1 横浜 PHOTO】ウーゴヴィエイラのゴールで浦和撃破!横浜ゴール裏、大歓喜!
【関連記事】
【横浜】絶賛進化中のアタッキングフットボール! 鍵は選手たちの自主性にあり
【横浜】「リスクのあるサッカーですけど」今季初勝利に中澤佑二が掴んだ手応え
【厳選ショット】堅守・横浜を支える男たちの歓喜と安堵
【横浜】ハイライン戦術で改めて浮き彫りとなった中澤佑二の真の姿
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ