【横浜】絶賛進化中のアタッキングフットボール! 鍵は選手たちの自主性にあり

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年03月22日

評価したいピッチ上での「判断力」と「対応力」

4節・浦和戦で待望の今季初勝利。H・ヴィエイラ(7番)の1点を守り切った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ4節]浦和0-1横浜/3月18日/埼スタ
 
 横浜担当としては、実に痛快だった。
 
 3月18日、敵地での浦和戦のスコアは1-0。開幕から4試合目にしてようやく挙げた今季初勝利だ。結果はさることながら、内容でも見応え十分だった。ボールを握り、ポゼッションで相手を押し込む。扇原貴宏が言うように、まさに「自分たちのスタイルを貫き通して」掴んだ勝点3だった。
 
 アンジェ・ポステコグルー新監督の下、今季の横浜は「ハイライン&ハイプレッシャー」をベースに、アタッキングフットボールに着手している。だが、開幕のC大阪戦こそ引き分けだったものの、続く、柏戦、鳥栖戦で連敗。もし浦和に敗れれば3連敗と、自分たちのサッカーに自信が持てなくなるかもしれない状況で、チームは怯まず、迷わず、ブレずに戦うことができた。そうやって得た勝利の味は、格別だったに違いない。
 
 それ以上に評価したいのが、ピッチ上での「判断力」や「対応力」だ。
 
 例えば、左SBの山中亮輔。今季の横浜は、両SBが中央にポジションを取ってポゼッションを高めるのが特徴のひとつだが、浦和戦は少しやり方を変えた。
 
「前半は中に入りすぎていたところがあったけど、あまり効果的ではなかった。後半は少しワイドにいたら、相手がすごく嫌がっていた。そこは臨機応変に自分たちで考えながらやれた」(山中)
 山中が口にしたあるフレーズを、扇原も発する。
 
「相手のバランスを見て、(中盤の底が)2枚になったり、そのうちの1枚が前に出ていけばアンカーになったりとかは“臨機応変”にできた」
 
 横浜の中盤の基本形は、アンカー+2枚のインサイドハーフの逆三角形だ。浦和戦はアンカーに扇原、インサイドハーフに天野純とダビド・バブンスキーが収まったが、このトライアングルは流動的に変形する。
 
「前半の半分が過ぎたぐらいから、替えたほうがいいかなと思って、タカ(扇原)と俺の2ボランチに。そっちのほうが守備が上手くハマったから」(天野)
 
 選手たちは監督から指示を受けたわけでなく、自分たちの判断でプレーしたという。自ら考え、行動し、難敵・浦和を圧倒してみせた。

【浦和 0-1 横浜 PHOTO】ウーゴヴィエイラのゴールで浦和撃破!横浜ゴール裏、大歓喜!

【PHOTO】横浜を彩る美女チアリーダー『トリコロールマーメイズ』!
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和0-1横浜|横浜のH・ヴィエイラと扇原が最高の「7」。MOMは…
【厳選ショット】堅守・横浜を支える男たちの歓喜と安堵
【横浜】「リスクのあるサッカーですけど」今季初勝利に中澤佑二が掴んだ手応え
【横浜】ハイライン戦術で改めて浮き彫りとなった中澤佑二の真の姿
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ