【ベルギー遠征総括】果たして合格者は!? 招集全26人の活躍度をそれぞれ“5段階”で評価

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年03月28日

他のDFと比べれば、長友は…

個のパフォーマンスで合格を与えられる選手は果たして誰か? 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リエージュのスタッド・モーリス・デュフランを舞台に3月23日にマリ代表(1-1)と、同27日にウクライナ代表(1―2)と戦った日本代表の面々は、今回のベルギー遠征でどんなパフォーマンスを見せたのか。招集された全26選手の活躍度を5段階(S、A、B、C、D)で評価してみた。ロシア・ワールドカップへの扉を開いた“合格者”は果たして?

●全26選手の活躍度●
【GK
1 川島永嗣 [評価]C
採点/マリ戦:出場せず ウクライナ戦:5.5(フル出場・2失点)
ウクライナ戦では2失点。ただ、被弾した事実よりも気になったのは49分にハイボールを処理できなかったシーンだ。前に飛び出したのなら、少なくともボールに触れるべきである。
  
12 東口順昭 [評価]-
採点/マリ戦:出場せず ウクライナ戦:出場せず
2試合とも出番なし。現状は川島、中村に次ぐ3番手という位置付けが現実的な見方だろう。リーグ戦で調子を落とすとロシア行きに暗雲が漂うか。

23 中村航輔 [評価]A
採点/マリ戦:6(フル出場・1失点) ウクライナ戦:出場せず
マリ戦では8分にアダム・トラオレとの1対1を阻止。PKでの失点は致し方なしで安定していた。第2GKの最有力候補に浮上した。ここからさらに調子を上げれば、正GKも見えてくる?
 
【DF
2 宇賀神友弥 [評価]D
採点/マリ戦:3.5(先発出場) ウクライナ戦:出場せず
マリ戦では19分に警告を受けると、42分には軽率なファウルでPKを献上。散々な代表デビュー戦となった。右膝の負傷もあり、ウクライナ戦までは別メニューと練習でもアピールできなかった。
  
3 昌子 源 [評価]C
採点/マリ戦:5.5(フル出場) ウクライナ戦:出場せず
ビルドアップのクオリティに改善の余地があり、守備の局面でもアフリカンパワーに手を焼いた。マリ戦のパフォーマンスでは到底、本大会で通用しないだろう。
 
5 長友佑都 [評価]B
採点/マリ戦:6(フル出場) ウクライナ戦:5.5(フル出場)
縦への推進力を見せつけたマリ戦とは打って変わり、ウクライナ戦では良いタイミングで攻撃に絡めなかった。それでも他のDFに比べれば、どっしりとした存在感を示していた印象だ。
 
6 森重真人 [評価]-
採点/マリ戦:出場せず ウクライナ戦:出場せず
約1年ぶりに復帰した日本代表での活動で残念ながら出番はなかった。CBの序列では現状、吉田、槙野、昌子、植田に次ぐ5番手か。
 
19 車屋紳太郎 [評価]-
採点/マリ戦:出場せず ウクライナ戦:出場せず
3月24日の公開練習では本田との1対1のトレーニングで劣勢。ポジションを争うはずの長友にプレッシャーをかける意味でも、川崎で奮闘したい。
 
20 槙野智章 [評価]B
SD採点/マリ戦:5.5(フル出場) ウクライナ戦:5.5(フル出場)
マークのズレが多少見受けられたものの、1対1に持ち込めば強さを発揮。最大のハイライトは、ウクライナ戦でのヘッドからの同点弾だろう。昨年11月のブラジル戦に続いて“得点源”であることを証明した。

21 酒井高徳 [評価]D
採点/マリ戦:5(途中出場) ウクライナ戦:4(フル出場)
右SBでスタメンに名を連ねたウクライナ戦では何度も裏を取られ、2失点の原因に。途中出場したマリ戦の出来も良くなく、このままではワールドカップのメンバー入りは危ないか。
 
22 植田直通 [評価]B
採点/マリ戦:出場せず ウクライナ戦:5.5(フル出場)
昨年のE-1選手権では右SBを任されたが、ウクライナ戦では本職のCBでプレー。スピーディかつ強靭な相手FWにやや翻ろうされつつも、最悪だったわけではない。今後への期待値も含めて「B」に。
 
24 遠藤 航 [評価]-
採点/マリ戦:出場せず ウクライナ戦:出場せず
3月14日のルヴァンカップで右股関節筋を損傷したが、代表活動に帯同。ウクライナ戦の数日前から前日練習に合流したものの、出場機会はなかった。一番悔しい思いをしているのは本人だろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ