なぜC大阪U-18の有望株が名伯楽・小嶺監督の下へ? U-17W杯組のレフティが語る移籍の真相

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年03月27日

鈴木が下した先を見据えた決断。その原点はU-17日本代表の活動にあり

溌剌としたプレーを見せた鈴木。その表情はどこか晴れやかだった。写真:松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

画像を見る

 近年、高校2年時の夏以降にJユースから高体連に活路を求める者が出てきている。15年度の選手権に出場した、神谷優太(愛媛)は東京Vユースから青森山田高に転入。昨年は、早くから将来を嘱望されてきた中村駿太(山形)が柏U-18から同じく青森の地に渡った。

 そのふたりに共通していたのは、環境を変え、高卒でのプロ入りを掴み取るという明確な目標があった点だ。最終的には自らの足で結果を残し、彼らは高校卒業後に活躍の場をJリーグに移した。
 
 一昔前ではまるで考えられなかったJクラブのアカデミーから高校への移籍。神谷と中村の成功もあって、転籍のハードルは以前ほど感じられなくなった。そして、今年も同じように決断を下したプレーヤーがいる。C大阪U-18に所属していた鈴木冬一だ。
 
 3月中旬に九州にやってきたという鈴木は、名将・小嶺忠敏監督率いる長崎総科大附に合流を果たして約2週間が経過した。

 厳密に言えば、遠征の影響から加入当初はBチームでプレーしていたため、その時期を除くと約1週間。まだ、ほとんどの選手の特徴も知りえていない状況下だが、春休みの遠征から鈴木はAチームで新天地での活動をスタートさせている。
 
 そして、ほぼ準備期間がないまま、26日に迎えた静岡での親善大会。伝統校・帝京との対戦では、新しいチームメイトとともに戦うのはまだ3試合目という状況ながらも、鈴木は持ち前のテクニックと技術力を発揮する。きっちりと結果を残し、1ゴール・1アシストの活躍で長崎総科大附を逆転勝利に導いたのは流石の一言だ。
 
 試合後、鈴木に移籍の真相を尋ね、何故このタイミングで新天地にやってきたのかを直撃した。すると、本人の口から出てきたのは、高校卒業後にJ入りを果たすという目的だけではなく、ひとつ先を見据えた決断であったと教えてくれた。
 
 移籍の話が具体的に持ち上がったのは今年の1月中旬。当初、本人は「全く移籍は考えていなかった」一方で、心の中に”もやもや”としたものがあったという。それが10月にインドで開催されたU-17ワールドカップに出場した際に、代表活動で生まれた”ある想い”だった。

【PHOTO】選手権を彩った来季のスター候補生・下級生ベストイレブン!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ