J3最高評価弾は18歳新人がレジェンド川口能活から奪った圧巻すぎるJ初得点!【DAZN週間TOP5ゴール】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月26日

浅野拓磨のようなスプリンタータイプのストライカー。

C大阪U-23の18歳ルーキー山田が元日本代表GKの川口からJリーグ初ゴールを奪った。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J3リーグは3月25日に4節の8試合を開催。群馬に2-0で勝利した琉球が開幕から負けなしの3勝1分けとして、トップに立った。さらに同勝点で鳥取が2位につけ、1試合少ない沼津が開幕3連勝として3位につけている。
 
 そして26日には、今節生まれた計15ゴールのなかから、恒例の「DAZN週間TOP5ゴール」が選出され、DAZN公式ツイッター上で発表されている。
 

 最高評価を獲得したのは、C大阪U-23のルーキー、山田寛人の劇的かつ観衆の度肝を抜く逆転弾だ。後半アディショナルタイムの91分、センターサークル付近でボールを受け取った山田は、素早い身のこなしでターンすると、DF一人をかわし、さらに襲いかかる敵を置き去りに。ゴール前約25メートルの地点から鋭く右足を振り抜くと、地を這うミドルが元日本代表守護神の川口能活が守るゴールを破り、ネットに突き刺さった。
 
 山田にとっては、これが記念すべきJリーグ初ゴール。日本を代表するレジェンドGKから奪った価値ある決勝ゴールとなった。今月7日に18歳を迎えたばかりの山田は、昨年10月に行なわれたU-17ワールドカップに久保建英(FC東京)や菅原由勢(名古屋)らとともに出場し、日本の16強入りに貢献。日本代表の浅野拓磨(シュツットガルト)のようなスプリンタータイプのFWとして、将来が期待される逸材だ。
 
 また、2位には首位・琉球の富所悠が決めたGKの頭上を抜く鮮やかなFK弾を選出。さらに、3位にはFC東京U-23の前田のテクニカルなヘディングシュート、4位は沼津の畑潤基の弾丸ヘッド、そして5位には鹿児島の五領淳樹の左足ミドルが選ばれている。
 
 J3リーグは4月1日(日)に5節の8試合が開催される。果たして次節は、どのようなファインゴールが生まれるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ