青森山田から値千金の決勝弾!名将・小嶺監督は注目FW安藤瑞季をいかにして育てたのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年01月03日

安藤を育てるうえで小嶺監督がこだわった”あるポイント”。

安藤のプレースタイルが完成したのは小嶺監督の指導があったからこそだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校サッカー選手権3回戦]青森山田 0-1 長崎総科大附/1月3日/フクアリ
 
 長崎総科大附に初のベスト8をもたらしたのは、名将・小嶺忠敏監督の寵愛を受けるエースの一振りだ。
 
 1月3日に行なわれた高校サッカー選手権の3回戦。昨年度の覇者・青森山田と対峙した長崎総科大附は1-0で勝利を収めた。そのなかで少ないチャンスをものにし、チームを勝利に導いたのが、セレッソ大阪入団内定の安藤瑞季(3年)だった。
 
 エースが躍動したのは前半25分。田中純平(3年)のフィードを受けた安藤はトラップでふたり同時にかわすと、脇目も振らずゴールへと向かった。そして、相手DFをひとり外すと、「ゴールを見えたら打つという自分の良さが出た」という一撃をゴール右隅に突き刺したのだ。
 
 青森山田戦の一発で安藤は3試合連続ゴール。エースの活躍ぶりに辛口で知られる小嶺監督も、「よく点を取ったね」と語りながら頬を緩ませた。では、御年72歳を迎える老練な指揮官は今大会No1ストライカーをどのように育ててきたのだろうか。
 
 入学当初から安藤はフィジカルが強く、豪快な突破と思い切りの良いシュートが魅力の点取り屋だった。少々、相手に囲まれても単独でこじ開けに掛かる――。そのプレースタイルは今とほとんど変わっておらず、昔からストライカーらしいストライカーだった。故に中学校時代もシュートへのこだわりが強く、結果を残せなかった時もある。しかし、小嶺監督は安藤にスタイルを変えることを求めなかった。
 
「シュートに関しても自由にやらせている。安藤の取り柄はシュート。そこはかなり無理をしてもいい。ボールを奪われることもあるから、コーチによっては、そのプレーを否定する人もいるけど、俺は将来を考えたらそれをしてはいけないと思っている。どんなプレッシャーでも抜けるようになれば、一流になれる。だから、絶対にそこは注意しない」(小嶺監督)

【選手権PHOTO】3回戦 青森山田0-1長崎総大附 長崎総大附のエース、安藤のゴールでフクアリ熱狂!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ